スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
「平成香川大学憲章」への意見

「平成香川大学憲章(案)」にかんして意見を述べます.

これは「憲章」なのか? ある種の基本方針ということなら分かるが,「憲章」と呼べるほど根底的なことは書かれていない.たとえば「真理の探究」や「学問の自由の擁護」など,大学人がずっと守り続けて来た根本的な価値がどうして抜け落ちているのか?

まずなによりも自由が保障されなければ多くの研究はなりたたない.自由がなければ社会に迎合しない研究はやりにくくなる.ある種の地域貢献も単なる役所の手伝いで終わるだけだ.平成香川大学は本気で学問の自由や研究者を守る気概がないから,たとえば教授が刑事裁判で有罪判決を受けただけでクビにするのである.ほとんど避けがたい「医療ミス」で有罪判決を受けそうになった産婦人科医を学界や医療界が支援したのとはおおきな違いがある.大学の基本的価値への言及を忘れないでもらいたい.

以下,書かれている内容に個別にコメントする.

地域に根ざした……大学
イメージ悪すぎ.その地で生まれ育ち離れることができないという感じだ.そんなことでは「地域社会をリード」できるはずがない.地域を変革しようとするのだから,「地域に根ざさない」あるいは「地域と対峙した」などとすべき.
共生社会の実現
統一教会の「共生共栄主義社会」や原始共産制その他イデオロギーを連想させる言葉.「完全自由社会の実現」で置き換えるべきだ.
教 育
なんで空白を挿入する? ひじょうに意味がとりづらいし,検索もしにくい.「教育」が正しい.同様の不要な空白がほかにもある.
平成香川大学は,豊かな人間性と高い倫理性の上,幅広い基礎力と高度な専門知識に支えられた 課題探求能力を備え,国際的に活動できる人材を育成する。
読点の打ち方がおかしい. 「平成香川大学は,豊かな人間性と高い倫理性そして幅広い基礎力と高度な専門知識に支えられた,課題探求能力を備え国際的に活動できる人材を育成する」 あたりが適当ではないか.そもそも修飾語が多すぎる.ここに限らず読点の打ち方が悪くて意味が取りにくい文が散見される.
明確なアドミッション・ポリシーのもとに,多様な入学者選抜を行い
アドミッションポリシーを明確にしたら,多様な入試をしないほうが望ましいということになる可能性がある.多様な人材を入学させない方がいい可能性もある.よって「多様な」は不要.だいたい「憲章」に入学選抜のことを書くか? 選抜方法には触れず,「入学者を募り」とでもしてはどうか.
多様な価値観の融合から発想される創造的・革新的基礎研究
限定的すぎる.異なる価値観の対立から発想されることもあれば,あらゆる価値観から自由になったところでの発想もある. 「自由な発想にもとづく創造的・革新的基礎研究」あたりが適当ではないか.
「研究」について4つ項目が上がられているが,研究への余計な干渉ばかりだ.他人に研究の方向性を示してもらってもちっともありがたくない.各研究者の自由を尊重してもらいたい.まず最初に,研究者個人個人が自由に自発的に研究できるような環境を整えることを挙げるべきだ.
地域の発展に資する研究を推進する
削除した方がいい.潰れた方が望ましい企業があるように,没落した方がいい地域もある.特定地域の発展に資する研究が (プラスの) 社会貢献かどうかは一概には言えない.「地域の発展に資する研究あるいは没落に資する研究を推進する」としてもいいのだろうが,削除した方が早い.
社会貢献
社会貢献で挙がられているすべての項目が「地域」で始まっているのは限定的すぎる.地域貢献は大学のできる社会貢献のごく一部でしかない.大学の主要な生産物である「知識」は,地域に縛られず流通する.大学は居酒屋や風俗店のように場所に縛られるサービス業ではない.教育にしても卒業生が特定地域に留まることを期待するわけにはいかないし (そんなことをしたら大量に失業者を作り出すだけ),入学者を特定地域から募るわけでもない. 「地域」のいくつかは「社会」「世界」に置き換えられる.
地域の活性化に貢献する
前述の「地域の発展に資する研究」と同様.
基本的人権を尊重し,国籍,信条,性別などによる差別を排除するとともに
大学にとってそれ以前に大切なことがある.学問や表現の自由だ.自由は人権とぶつかることもある.また,差別を排除するというのは信条による差別を排除することと相容れない.差別的な信条もあるからだ.現行法のもとで国籍による差別を排除するのは実際上無理な話であり,現実に留学生は差別的扱いあるいは特別扱いを受けている. 「個人の自由を尊重し」あるいは次善の案としては「個人の自由を尊重し,思想,信条,人種,性別などによる差別を排除するとともに」あたりが適当.
安全かつ公正な……環境
「自由で公正な」のまちがいでは.単なる安全では価値がない.自由な活動ができる限り安全に行えることに意味がある.それにしても消極的な表現だ.
運営経費の大部分が国民から付託された資金であることを自覚し,これを適正に管理かつ有効に活用する。
国民から付託されたのではなく,強制徴収であることを自覚したほうがいい.国民付託であれ強制徴収であれいずれにせよ,資金を適性に管理すべき理由とは無関係.(私企業と違うこの事実は,むしろ資金を適性に管理しなくてむ済む理由になるくらいだ.) 「運営経費を適正に管理かつ有効に活用する」でいい.あたりまえなので削除してもいい.

以上

【2006/12/21 16:53 】
| 大学 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<くだものの種を食べた悲惨な年末年始 | ホーム | 「平成香川大学将来構想」への意見>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/98-08db7639
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。