スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
オペレーションズ・リサーチ講義資料

そろそろ来年度の授業内容を考えなくては.準備が早いって?

いや,単にほかの仕事に気乗りがしないというだけのこと.ホントは一週間後にある後期前半科目の試験問題を作らねばならない.準備が遅れると紅葉を見に行く暇もなくなるし.

ここ十日くらい何度か試しているのだが,Economic Theory という Springer ジャーナルの Volume 30 の全文ダウンロードができない.Volume 30 は 2007 年度発行分である.もしかするとわが大学はそのジャーナルの 2007 年度分を購読していないのか.ほかのジャーナルはだいじょうぶか.ET だけでなく,同出版社の SCW とか IJGT とか REDesign とか PubChoi とかはだいじょうぶだろうか.研究か教育かそれともそれらとは無関係な要素かは知らないが,なにかのパフォーマンスに合わせて予算カットしたということか.困るなあ.年によって入手できたりできなかったりでは,「来年こそは入手できるようになるかもしれない」と考えて,たいせつな論文の入手を先延ばしにしてしまうのは目に見えている.(なんせ論文一本あたりの値段がとても高いし,他機関からのインターライブラリーローンでは,電子形式で入手できることはまずないだろうから.)「ジャーナルが年によって入手できたりできなかったりというぶつ切り状態では格好がつかない」といった次元の話ではない.研究の前提となるこういう基盤的なリソースが不安定では,とても研究をたいせつにしている大学とはいいがたい.外部予算が獲得できたとかできなかったで左右されるべき用途はほかにあるはずだ.[追記.その後ダウンロードできるようになった.問題は将来どうなるかということ.]

まあ,そんなこともあって,気分が晴れないこのごろだ.そんなわけで,試験問題作成は先送り.

来年度は OR (オペレーションズ・リサーチ) をはじめて教えることになるはずだ.わがビジネススクール (GSM, マネジメント研究科) では不人気科目だ.再来年度以降,教えるチャンスがあるかどうかも分からない.もちろん自分は OR のシステマティックな教育を受けたことはない.その手の授業を受けたことはないし,その分野のテキストを最初から最後まで通読したことも多分ない.でも,まあ,いいだろう.数理計画法,経営科学,経営工学などいろいろな名前で呼ばれているその科目のテキストといえそうな本を10冊近くは所持している.(ゲーム理論やミクロ経済学分野の所持テキストに比べればたいした冊数ではないけど.) また,(さいきん止めたけど) かなり長いあいだ目次アラートを購読して European Journal of Operational Research や Mathematical Methods of Operations Research はチェックしてたし,今後しばらくは Mathematics of Operations Research を同様にチェックする予定だ.さらに付け加えれば,自分の論文を OR のジャーナルに投稿して載ったとしても,奇跡が起きたとは思わない.つまり OR に一定の関心がないわけではないのだ (ひじょうに実務的な部分は遠慮したいけど).ボクのような経済理論家が教えたというだけで「無資格」とか「不正」として科学省に指導されることはないであろう.(もしそれをやられたら,数学ジャーナル名を 3 つも挙げられないような非数学教員が「線形代数」や「微分積分」の授業をやっている実態を指摘するつもりだ.)

ちなみにボクの専門の社会選択ではじめてシステマティックな科目を受講したのも,じつはその分野で論文を発表するようになった時期よりだいぶあとの話であり,カリフォルニアに在外研究で行っていたときのことだった.それ以前は社会選択の本を通読したことさえない……と断言しようと思ったら,おおっ! そうだ,思い出した! 大学院生時代,Suzumura (1983) の Rational choice, collective decisions, and social welfare というカッコいいタイトルの本を図書館で見つけて読んだことがあった.そのころは面白そうな本を見つけたら,読むのは先延ばしにしてとりあえず購入することにしていた.ところがこのときはちがった.購入するよりも前に,ぜんぶ読んでしまったのだ! (ただし証明はすべてとばした.「証明とばしたら意味ないじゃん」と言われそうだが,その当時は社会選択を勉強するのが目的ではなく,社会選択が研究に価するかどうかを判断するのが目的だったので,証明を読む必要はなかった.)「どうせ社会選択なんて古い話は自分は将来やらないだろう」と思って購入を渋ったためか,それとも面白くて読むのを中断するタイミングを見つけられなかったためかは忘れた.

将来 OR を教えることがあるかどうかは分からない.来年度担当する OR に過剰な努力を投資しないように気をつけたい.講義ノートの準備なんかはできるだけ手短に済ませたい.そんなことを思いつつ Google で「オペレーションズ リサーチ シラバス」を検索したらいいものがひっかかった.「オペレーションズ・リサーチ(OR)・経営工学のポータルサイト」のなかの,「関連講義資料」というやつだ.ここには講義用のスライドなんかへのリンクがある.しばらく検討して,久保幹雄と根本俊男のサイトに注目することに決めた.シラバスの提出まではまだだいぶ時間がある.次回講義内容を考えるときは,それらのサイトを重点的に見て行くこととしよう.

ところで,来年度の授業とは関係ないが,武藤滋夫の『ゲーム理論入門』で使える教材を上記のポータルサイトで見つけた.東工大 Open Course Ware のゲーム理論ページだ.[追記.「協力ゲーム理論と規範」のページも参照.] PowerPoint ふうの「講義ノート」が揃っている.講義に使うかどうかはべつとして,こういう資源があるというのは貴重な情報だ.自分は過去何度かこのテキストでゲーム理論を教えたことがあった.こういう教材を作ろうと思わないこともなかった.今回これを見て,「あのとき作らなくて正解だった」と思った.

東工大 OCW にはユーザーアンケートがあるので,ボクは (記名欄もないのに) わざわざ記名したうえでアンケートに答えた.みなさんも答えて,ゲーム理論ページの外部からのアンケート返答数をトップにしようじゃないか! といってもランキング情報が出るわけじゃないけどね.[追記.アクセスランキングは出る. 10~15 位くらいだった「ゲーム理論」のランキングがここ1週間で 2, 3 位に上がったようだ.今見たら,上位10位中4科目が武藤の科目だった.]

じつは「次回ゲーム理論を教えるチャンスが回って来たら,渡辺隆裕の『図解雑学 ゲーム理論』でも使おうかな.図も豊富だし」なんて思っていたが,今回武藤テキスト用にこういう素晴らしい講義ノートが入手できることを知って,図解雑学の優先度がやや下がってしまった.渡辺さんにはカウンターアタックというか,対抗措置を期待したい. [追記.おっと失礼! 最後の一文は余計だった.NABENAVI.net にあるこちらの講義資料 (ビジネススクール向けなど,オーディアンスごとにいくつかのバージョンあり) がそのカウンターアタックということになる.いや,「カウンター」の修飾語は武藤教材のほうにつけるべきか.]

追記 (11/26/06). 文中にいくつか補足した.

追記 (12/2/06). 渡辺隆裕の講義資料へリンク追加.

【2006/11/20 00:48 】
| 社会科学 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<横尾真『オークション理論の基礎』 | ホーム | 中村の定理の謎>>
コメント
>ここ十日くらい何度か試しているのだが,Economic Theory という Springer ジャーナルの Volume 30 の全文ダウンロードができない.Volume 30 は 2007 年度発行分である.もしかするとわが大学はそのジャーナルの 2007 年度分を購読していないのか.
コメント:早とちりじゃないですか。事実,本学でも(おそらく他の国立独立行政法人でも同じだと思いますが)アクセスできませんよ。
解決法:待ちましょうw。
PS Nakamura Numberの話、マニアックで面白いです。
【2006/11/22 10:40】
| URL | #-[ 編集] |
はい.でも,全員が待っていたらなかなか解決しないので,だれかが動くことになります.今回のばあい10日くらい待ってダメだったので,図書館に問い合わせてみました.シュプリンガー・ジャパンのお返事:
「ご指摘いただきましたEconomic Theory (ISSN:1432-0479) (Vol.30 No.1)は,すでにオンライン上で入手可能となっておりましたので,登録状況を確認し,復旧するようにいたします.恐れ入りますが,2-3日お待ちいただけますようお願い申し上げます.」

わが大学の場合,その「登録状況」がだいじょうぶかどうかが中期的に心配です.(今回はだいじょうぶなハズだが,将来的に心配.) 特に02-05 年の時期は購読雑誌が (たぶん) 大幅にカットされました.(もともと学内に読者がいないような雑誌もたくさんあったのは事実だが.) いまは  (悪くとも) もうこれ以上カットされない定常状態まで来ていると思いたいのですけどね.

その一方で,理論分野のジャーナルは増えています.それらの (購読できていない) ジャーナルの評判が上がらないことを願うというヘンな状況に追い込まれています.平凡研究者としては自分の首を絞めるようなものかも.

>Nakamura Numberの話、マニアックで面白いです。

Thanks! それを言ってくれるのが非理論家だったらすばらしいんですが.
【2006/11/22 21:19】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/95-5a145cf6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。