スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
なんとなく非日常的

ひさしぶりに外出した8 月10 日は「典型的な大学教員の典型的な日常」とは微妙に違う,観光旅行にでも行った気分の,なんとなく非日常的な日だった.その日の出来事を列挙してみよう.

ところで,前回予告したソロモンの問題の最新の解法にかかわる記事は数日から数ヶ月遅れるかもしれない.ペーパーは入手できているのだが,そのペーパーのデータベース登録に技術上の問題が生じているらしい.なお,前回記事に「メカニズム・デザイン: レクチャー・ノート」の図へのリンクを追加したので注意.

14:00 ころ.屋島の西に流れ込む新川沿いの堤防.クルマを走らせて医学部へ向かう.新川の水辺はこの暑い都会にあってオアシスのようだ.釧路湿原をドライブしたときの感覚が蘇る.湿原のスケールはないが,ここでは数多くの水鳥たちが集まっているのが間近に見える.途中,道路にハトが群がっている場所もあった.

医学部キャンパスに着くと,正面入り口付近に STARBUCKS の文字.コーヒーでも飲もうかと (思うわけないが) 中をのぞく.まだ開店していなかった.

きょうここに来たのは健康診断のためだ.よそのアホ大学とちがい,この大学は医学部病院にそういうルーティンをやらせるのは資源の無駄使いだというのが分かっている.(いや,怖がってだれも医学部の教授に身体を診てもらいたくないからというのが本当だろう.) 診るのは予防医学協会という外部団体だ.(じっさいには大学病院から看護婦が派遣されてアルバイト代を稼いでいるのかも.そこの事情は分からない.) 客はまばら.ほとんどの客は白衣を着た医師たちで,色黒のマッチョな男も混じっていた.店員というか診る方はメイドのようなエプロンを着たかわいい看護嬢さんたちとそうでもない看護婦さんたち.

べつに太ってはいないのだが,体重は去年より増えていた.それでもこの日に合わせて減量していたので,1週間前より3キロ近く減っていたのだが…….しかし減量というのもいい加減で,やり始めて数日で3キロ減ったと思ったらその後一週間でもとに戻り,「そう簡単には減らないのかな」と思ってやめたらその後は増減を繰り返し,などということがここ数週間続いていた.

視力検査というのはあんなに時間をかけていいのだろうか.ひとつひとつに 20秒くらい考え込むことが多かった.見えていないものも,まばたきをして集中し直すと陰の具合などから気分的に分かるようになる.いや,分かりはしないが,輪のどこかが欠けているとしたらあちらの方向かなというおぼろげな感覚が生じて来る.いったんそういう集中が必要な段階になったあとも,6 段階くらいは度を上げていくことができた.

血圧測定の女の子はかわいかった.腕を撫でられたあとボーッと顔を見つめていて血圧が高まったせいか,ボクの血圧は正常値内に収まった.血液採取の女の子は腕が細かった.

医者が聴診器を当てているときにくしゃみをハクションとしたら,医者は驚いてとびあがった.ボクが服を捲り上げてお腹を出しているあいだじゅう,なぜか看護嬢のお姉さんがこっちをじっと見ていた.出口はこちらと誘導しようとしたんだろうか.カーテンのついたての内側に人が入らないように監視していたのだろうか.ところがボクの次の女の客は,ボクがシャツをズボンに入れ終わらないうちに中に入って来た.

診察は終わった.朝からなにも食べていないので,病院内の食堂に行った.高台の上の病院なので展望食堂があるのかと思えばさにあらず.食堂は地下にあり,あまり安くはなかった.カツカレーが 710 円だったろうか.ボクは 750 円のカツ丼定食を食べた.

ここは看護学科学生にたいする医学部教授の「セクハラ事件」が数日前明るみに出た平成香川大学医学部キャンパスだ.そう思いつつ (売店で買ったばかりのピーチ味のラムネタブレットを食べながら) 病院を散策するのは感慨深いものがあった.この医学部は,学生が看護師になったときエッチな患者に適切に接することができるよう教育上の配慮をもって行われた行為も否定するにちがいない.包括的・総合的な教育ができていないのはまちがいない.包括的かつ総合的に教育することばかりがいいとは言わないが,だいじょうぶだろうか?

あんまりだいじょうぶそうではなかった.不審者が侵入するテストを試みたのだが,どこまで行っても呼び止められることはなかった.安全のため,具体的にどういう場所に侵入できたかは言わないでおく.ただ,入院患者や訪問者には IC チップ式の RFID でも配って管理した方がいいのかもしれない.

病院を出ようとしたとき背後に視線を感じた.振り向くと二階に看護婦か事務員のようなわりとスタイルのいい女性がいる.まだ視線はこちらには向いてなかったが,ボクの早期警戒システムが早目に作動したようだ.遠目には若く見えたその女性が,こちらに気づいてなにか話しかけて来た.どうやら数ヶ月前まで学務で働いていた塩出さんだ.だいぶ年上の女性を若い女性に見誤った自分の未熟さを恥じつつ,ボクは病院を去った.

5 時頃,ふだん勤務するキャンパスにクルマで移動.人工知能の本を注文したあと,論文を数本 JSTOR からダウンロード.GSM で購読している JSTOR は The Business Collection だ.別のコレクションにふくまれる Journal of Philosophy はもちろん,Journal of Law and Economics や Journal of Law, Economics and Organization などはふくまれていない.それでも JSTOR 自体を導入していない経済学部よりは状況はましである.博士課程を作ろうという学部が,それでだいじょうぶなのだろうか.まあ,彼らに博士課程を作ってもらいたいとは思わないので心配は止めるが,それでも基本的なリソースとして JSTOR くらいは契約しておいた方がいいと老婆心ながら思う.

深夜になる前に用事が済んだので,ひさしぶりに本屋に行った.ひさしぶりに行ったその場所は,まわりが工場や倉庫といった港湾施設ばかりの宮脇書店総本店.偶然その日オープンしたばかりだそうで,なぜか観覧車もあった.平日の夜であるせいか,客はまばら.品揃えは決して悪くはないが,本州から渡って来るほどのものではないかもしれない.本は買わずに 400 円払ってなぜか観覧車に乗った.ボクが乗ったとき客が乗っていたのは観覧車全体のうち3箱ていど.待つ必要はまったくなかった.地上高はそれほどないのだが,油の切れたような摩擦音が1, 2 秒ごとにギーギーしてけっこう怖かった.風が吹くとポトッと落ちるかもしれない.

夕食は吉野家.米国産の牛肉が数日前に輸入再開されたこともあって期待して行った.だが,まだ牛丼はなかった.予想外の出来事で,ひじょうに残念だった.

【2006/08/11 22:11 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ソロモン王のジレンマはセカンドプライス・オークションで解決できるじゃないか! | ホーム | ソロモン王とか香川大学でのセクハラとかアカハラとか>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/83-7f798bd5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。