スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
先祖調査手続きにかんするメモ

戸籍謄本・改製原戸籍謄本・除籍謄本を中心とした家系調査はほぼ完了した.先祖調査の方法についてはたとえばこちらに載っている.手続き関係でいくつかメモしたポイントを列挙する:

  • 直系尊属の戸籍,除籍,改製原戸籍謄本については,出生から死亡まですべて揃えたほうがいい.古い戸籍から新しい戸籍にすべての情報が引き継がれるわけではないから.
  • 現存するのが戸籍謄本なのか,改製原戸籍謄本なのか,除籍謄本なのか分からないことがある.請求書には存在するものすべてを希望する旨を書いた.
  • 自分と同一戸籍でない直系尊属の「戸籍の附票あるいは除票」(本籍地を特定の場所に置いている間の住所の移転経歴を記載) を取るのはまず無理.請求権があるのは「本人か同一戸籍の附票に記載のある者,正当な理由を持つ第三者」らしいし,そもそも除票は 5 年間しか保存されないことになっているので自分のものであってもあまり古いのは取れなかった.
  • 直系尊属をふくむ戸籍は請求理由なしで取れるはず.それでも役所によっては請求理由を聞かれたので,自分の場合「記録保存」と申告した.(最初は「先祖調査」とも併記したのだが,それじゃだめだと言われた.もともと理由を書く必要がないのにだめということはないだろうけど,「記録保存」だけで十分らしいのでそれだけにした.たぶん役所の人は,「先祖調査」だけでは直系尊属以外のものを取るには不十分ということと混乱していたのではないか.)
  • 請求する戸籍に載っている直系尊属と自分との関係をしめす資料が必要.自分からその尊属に至るまでの一連の戸籍のコピー(プラス自分の現住所を示す書類) でいいのだが,これがけっこうかさばることがあった.そういう資料はいちいち返送してもらう必要はないので「返却無用」と記入した上で郵送した.(記入しなかったら返却してくるのかどうかは知らない.)
  • 返信用切手・支払い用の定額小為替ともに多めに同封すればいい.役所で精算して返却してくれる.
  • 「仝」は「同」の異体字である.
  • 震災や戦災で焼失したと言われることが少なくない.「書類がそんなに簡単に焼けるものだろうか?」という疑問はあるが.自分のばあい北方領土分が部分的にしか入手できなかった他,東京都中央区の分と横浜市西区の一部は関東大震災のため取れず,延岡市の一部は戦災のため取れなかった.
  • 「戦前における北方領土に係る戸籍等につきましては [釧路地方法務局根室支局] の保管するところとなっております」とのこと.自分のばあい根室市役所に請求したら,上記法務局の支局に回送された.

今後はやろうと思えば, 「除籍謄本を超えた家系図の作り方」のような作業にすすむこともできるのだが,そこまでヒマじゃない.なるべく早いうちに,これまで揃った資料をもとにして家系図をまとめたい.

キーワード: 家系図,先祖調査,家系調査,ルーツ.

【2006/07/11 22:03 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<オークションにかんする演習問題 (弱支配戦略) | ホーム | 「暗号理論」という雑学>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/78-f9e27019
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。