スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
卒業式,研究室,女子学生,袴姿,猥談

卒業式のシーズンだ.11年前に大学に就職して以来はじめて,卒業式当日に元ゼミ生の訪問なるものを受けた.当日朝,スパムに分類されたメールの中に

明日学校来るでしょー?
ひとみちゃんの袴姿見れますよ!

とあったのだ.ひとみちゃん以外の女子学生からのメールであることがあとで判明したんだが,なかなかうまいじゃないか.普通にメールしても「そりゃおめでとう.運がよかったんだな.卒業させろと頼んだ覚えはないけど,卒業できてしまったなら仕方ないな.仕事は大学ほど甘くないから覚悟しろよ」くらいの返事をもらえるくらいだろう.しかし,普段とちがうひとみちゃんを見れるかと思うと,つい「たまには大学に行ってみようか」という気になってしまったのである.

卒業式のシーズンともなれば,お世話になったゼミ教員と涙でお別れといった光景もあるらしい.「おいおい,キミたちは涙を流せるほど学生時代真剣に生きたのか?」「いったいどうお世話になったんだ?」などとバカバカしい気分で盛り上がる季節である.思えば2004年に開講したこの 3 年生ゼミは経済学部での最後のゼミだった.そのゼミの受講者7人全員が卒業できたというのは奇跡的なことだ.奇跡だからこうしてはじめてゼミ生全員 (正確にはすでに夏に卒業した学生を除く) の訪問を受けるのも無意味ではないだろう.

それにしても今まで11年間こういうことがなかったのは,なぜだろう? 単にボクが面倒くさがって卒業式当日大学に来なかったから (それ以前に4年生ゼミを最後まで実質的に受け持ったことがなかったな) かと思ったが,調べてみるとそうでもなさそうだ.2003年度の学部ゼミ生一名は次の年の前期に卒業したので3月の卒業式にはたぶん出ていない.2002年度のゼミ生3名はいずれも卒業できていない.それ以前の 1999年のゼミ生 3+1 名が卒業する時期にはボクは日本にいなかった.それより前はゼミを受け持っていなかった.以上である.どうやら主としてタイミングの問題により卒業式には縁がなかったようだ.

「12時までには研究室に行く」と返事して,12時ぎりぎりに研究室に入ったらすぐ電話がかかってきた.あとでみんなで行くから待機せよとのこと.待機していたら突然ドアが開いて6人がどっと入って来た.たしかに女子学生二人は袴姿である.できるだけ多くの知り合いに見せて元を取ろうとしているのだろう.それにしてもいつの時代から大学の卒業式は袴姿でってことになったんだ? バブルの時代だろうか? などと考えつつ,「けっこうかわいいじゃん」とメールくれた子に近づいたくらいで特に感想を述べることはしなかった.その昔,こいびとと花火を見に行ったとき,「浴衣似合ってない.ほかの女の子のほうがかわいい」とさかんにまくしたててその子を怒らせ,帰りはべつべつになってしまったことがある.袴姿では興奮しない.不用意なことは言わない方が身のためだろう.ただ,髪につけたお花には弱い自分だ.ある女性を思い出すからだろうか.

ボクらは過去を語ることはなかった.学生たちはこれからの仕事を語り,そして相変わらず猥談を楽しんでいた.「夜はドレスに着替える」とひとみちゃんが言うと,そんなことまでエッチな話に繋げたりしていた.ああ,なんという進歩のない連中だ.早くそのレベルは卒業したまえ.あと,ひとみちゃんのドレス姿の写真もよろしく.

【2006/03/25 22:04 】
| 女子学生とつづる純愛アルバム | コメント(12) | トラックバック(0) |
<<科学研究費補助金のデメリット | ホーム | 北海道千嶋国紗那郡紗那村にいた先祖>>
コメント
 卒業式はいいですね。とくに看護学科が集合しているところは、そこだけ色が違う。
 ビジネススーツはどこでも見られますが、妙齢の女性の袴姿は、そう簡単に見られるもんじゃない。しかも、それが集団になっている。

 思い返してみれば、

・成人式
 引っ越したときに転出届だけ出して転入届けを役所に出し忘れていたから、どこからも案内が来なかった上に、当日はすっかり忘れてプラモデル作っていた
・入学式
 面倒くさいから行かなかった。後で、必要な資料だけを教務課からもらった
・卒業式
 面倒くさいから(以下略)
・友人、知人、親戚の結婚式
 全部パス。面倒くさいから。

 だもんで、礼服とか式服を見たことがあまりないんですよ。
 そのせいか、私は袴や振袖の集団を見ると「コミケのコスプレ広場みたいだなあ」とか思ってしまう。
【2006/03/26 06:50】
| URL | Inoue #WjBz4HtQ[ 編集] |
ボクのばあい,学部の卒業式はガウン着用だったんで袴姿はいなかったような.大学院のときは名簿掲載用の出身地をたしか Toyoashiharamizuhonokuni (豊葦原瑞穂国) と申告したのだが,出席しなかったひとには名簿もくれなかったのでどうなったか分からない.

看護学校出身者はいいですよ.学生時代に身につけたスキルを具体的に挙げることができるから.とりあえず注射や浣腸は挙げられるだろうから,分かりやすい達成感もあるんでは.経済学部出身の女子学生のばあい
「せんせ~,あたしフェラうまくなりました」
くらいは言えるかもしれないが,大学に来ていなかったら身につけられなかったようなスキルを自信を持って挙げられる子は限られているだろうな.
【2006/03/26 17:22】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
今は開業している医師から聞いた話。
ある晩に宿直で寝ていたら、ナースからコール。
「導尿して欲しい男性患者がいるんですけど」
「そんなのキミがやればいいじゃない。経験だってあるだろう?」
「あの・・・私がやると、硬くなっちゃうんです」
【2006/03/26 17:50】
| URL | Inoue #WjBz4HtQ[ 編集] |
そういえば近いうちに父がまた前立腺がんの再手術をします.実習生なんかがついたら,こんな感じ
http://www.asahi-net.or.jp/~xp4y-hrn/ganniki02.htm
をはるかに凌ぐ田舎の若い女の子独特の思い入れのこもったかわいいノートをもらっていたりして面白い.まあ,自分で描いてみることに意味があるのだろうな.ただ,同様の過剰なサービスを受けるなら,個人的には女子実習生からがいいです.
【2006/03/26 18:46】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
のでいくつか対策を逃避として考えた。

1.氏ぬ

2.再入学してもっぺん大学生活を送る

3.フーゾク嬢として華々しくデヴーする

4.結婚する

5.ニート

6.プー

7.おならプー

とりあえず私が今実現可能なのは7番のおならプーぐらいですかね。卒業ありがとうございます。
【2006/03/26 21:22】
| URL | ホーミー #-[ 編集] |
あ コメントうちまちがえた。上のコメントの頭には
「働きたくない」を足してよんでください。
【2006/03/26 21:23】
| URL | ホーミー #-[ 編集] |
 3ヶ月前に同じ図を試験で描かされた記憶があります。男性泌尿器系のトポロジーは、何も見ずに空で描くとけっこう難しい。とくに前立腺の中で、精嚢と精管と尿道が合体しているあたりが。
 図を見ればわかるとおり、男性の尿道は陰茎の根元で下に屈曲してるので、カテーテル通すには、陰茎を手でつかんで、グイっと上に引っ張り挙げる必要があります。
【2006/03/26 23:01】
| URL | Inoue #WjBz4HtQ[ 編集] |
卒業 [させてくれて?] ありがとうございますと言われてもなあ.たしかに卒業したくないのに自動的に卒業させられるひとはいるよね.ボクが大学院生のときは,願書を出さなければ修了の審査さえ始まらなかったので,その問題はなかったけど.

ホーミーは上の本文の続きのエロ小説でも作ってなさい.
【2006/03/26 23:09】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
おならプーからエロに発展させることは難しいと思われ。

エロは引退いたしましたでござる。

おならぷっぷ~
【2006/03/26 23:50】
| URL | ホーミー #-[ 編集] |
よく「卒業おめでとうございます」と言われるのでその逆を言ったまでなので意味はありません。長文を書くことを薦められましたが 短文コメントの頻発テロでもやってみましょうか。
【2006/03/26 23:52】
| URL | ホーミー #-[ 編集] |
あいかわらず変態助教授さんはお元気そうでなによりです。
【2006/03/26 23:52】
| URL | ホーミー #-[ 編集] |
しかし googleで「変態助教授」と入力した後アイムフィーリングラッキーをクリックしても こちらのページにたどりつかなかったのが残念でなりません。
【2006/03/26 23:54】
| URL | ホーミー #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/69-47c6362b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。