スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
いかなる状況においても表現の自由を認めないと宣言してしまった香川大学

近隣の香川大学に (なんにたいするかは知らんが) コンプライアンスのページができた.その「香川大学コンプライアンス・ガイドライン」の第 4 項の 6, 7 に以下のようにある.

  • 本学は、いかなる状況においても人権を尊重し、差別に結びついたり、個人の尊厳を傷つけたりするような表現や言動を行いません。
  • 本学は、常に社会的な視点から自らの行動をチェックし、社会から批判を受けるような行動を行いません。

主語が「本学は」となっているところから,これらの項目が研究者にも適用されるのか分かりにくいところだが,適用されるとしたら,すげー問題だろう.(以下は読者がメール相談受付への文章にコピーしやすいように,呼びかけ調.) どういうつもりなんだよ,貴様ら! 大学が表現の自由を堂々と否定するとは畏れ入ったもんだ.「いかなる状況においても」は「人権を尊重し」だけにかかるのかもしれないが,そうだとしても実質的な表現の自由は状況にかかわらず認めないと言っていることに変わりはない.教室という状況でも論文発表という状況でもできないということになるじゃねえか.そんなんで教育や研究ができると思ってんのか? 社会から批判を受けることや差別に結びつくことを避けていては,意味のある社会科学研究は一切できなくなってしまうんだよ,ボケ! 「香川大学行動規範」の前文にも「教育・研究倫理を徹底し」とあるが,それとも完全に矛盾するじゃねえか.ふざけんじゃねえよ.大学に勤めていてこういうこと (根本的な研究倫理である学問の自由) も分かんねえのか.辞めたら~.

だいたい,こういうガイドラインを作ったこと自体が,社会からこうやって批判を受けるような行動であるわけだ.すでに自ら破ってしまったことをガイドラインにするな.

【2006/02/23 14:22 】
| 大学 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<こんなのあり得るの,Ariel?: 大手出版社の本が丸ごとダウンロード可 | ホーム | たまにはニュースにコメント>>
コメント
差別的表現がダメだというのでも十分問題なのに,ご丁寧にも差別に「結びついたり」する表現いっさいがダメだと言っているわけだ.あきらかに表現弾圧の過激な活動家に牛耳られた極端に偏向したガイドラインになっている.

差別に結びつくから,ある人物を持ち出すときは,国籍とか年齢とか思想とかの情報は一切伏せなければならないのかしらん.学生の成績評価も全員同じにしないといけないのかしらん.
【2006/02/23 17:10】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
 法学の基本知識で、釈迦に説法でしょうけど、法律の条文には「絶対に」とか「いかなる場合でも」と書く場合は非常に限られてます。そうでないと、立法時に想定していない状況に対処できないから。
 それに社会の批判が不当だとしても、全く無抵抗で従うつもりなんでしょうか?せめて「社会の批判は謙虚に受け止めます」ぐらいにしておくべきでしょう。
 社会の多数派に従うだけでいいのなら憲法なんかいらないわけです。香川大学には憲法学者はいないんでしょうか。
【2006/02/24 16:05】
| URL | Inoue #WjBz4HtQ[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/65-5f01743d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。