スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
平気で表現を弾圧する破廉恥な宮崎大学医学部

◆関連記事「宮崎大学医学部教授会の表現弾圧にかんする覚え書き」も参照.

突然だがボクは地上の死を知っている地上の死の意味を知っているので,それを知りもしないバカに「命の尊さを冒涜するな」などと阿呆なことを言われても,そいつを《洗練されていない,文化的水準の低いクズ》と思うだけである.心の中では「いつ自分が命を冒涜した?」と思いつつも,口では「冒涜,面白いじゃないか.ハハハ」などと答えて,クズにはクズにふさわしい対応をしてあげることを心がけている.死の意味も芸術も分からない凡人に理解を求めても無駄だからだ.ところが,中には救いようもないバカがいて,力に訴えてこちらを黙らせようとして来たりする.そうなったら,こちらも抵抗せざるを得ない.

宮崎大学の医学部学生6人が,この手のクズ (医学部教授会) のうさぎ狩りにあったようである (西日本新聞の記事).死の意味も知らない輩に,「医学科学生としての倫理観を著しく欠く情報をインターネット上のブログに公開した」という理由で停学処分 (2年あるいは1年留年) を受けたのだ.気の毒なことだ.文部科学省学生支援課によれば,医学生が倫理観の欠如を理由に処分されたのは「国公私大を通じて過去に聞いたことがない」という.そりゃそうだろう.《内面の自由》の問題だからだ.宮崎大学は越えてはならない一線を越えてしまった.しかも一部情報によると,大学は 10 月に六人から事情聴取した際,(おそらく大学の関知していない) ブログの閉鎖を命じたらしい.呆れたものだ.処分を受けた方々には,ぜひとも大学と争って勝訴してもらいたい.

では,どういう情報をブログに載せたのか? 「医学生にしては下手すぎる解剖の様子の写真」だったから医学部が文句をつけたという説もあるようだが,それは冗談としても,とにかくバカバカしいのだ.詳細を知りたい読者には (コピーが多くてリンクをためらうが) こういうサイトでも見てもらうとして,最大の目玉は,車ではねたウサギを自宅で解剖した模様の (「残酷」とされる) 写真だろう.死体 (あるいは瀕死の患者) を前にして,こういう写真を冷静に撮れるというのは,医者にひじょうに向いてるんじゃないか? おそらく彼らは芸術あるいは冗談のつもりでやったのだろう.自分が当事者だと思えばなかなかできることではない.つまり,彼らは自分を第三者の立場に置いて物事を考えることができる冷静さを備えていたわけだ.医学を志す者はこうあらねばなるまい.

それにしても,宮崎では飼い犬が殺されて河原で食べられるという光景は,以前しばしば見られたようである.私の高齢の知り合いのひとりもその被害にあっている.野生の犬でなく所有者がいる犬を勝手に殺すのは正当化できないし今の時代はもう見られないと思うが,宮崎の住人にそういう文化を受け継ぐ人々がいたのは事実である.犬とウサギのちがいはあるが,特定動物にたいする残虐行為で処分するというのは,特定文化にたいする嫌がらせと受け取られる可能性がある.魚の活き造りの写真はよくて,なんで死んだウサギだとだめなのか? あまりにも恣意的だ.現代にあって,このような異文化への許容の欠如した差別的な処分を平気でやってしまう連中に,「倫理観の欠如」などと言われたくないものだ.

あと,大学の処分と関係あるかどうかは分からないが,「ウサギ狩り部」の掲示板に「気味の悪い」書き込みがあった事実もある.たとえば

「たくさんの魚や貝、蟹を殺してきました」
「あの時のみんなの生き生きとした顔をみると人間の奥の部分が見えたような気がします」

といった書き込みが問題らしい (笑っちゃう).これは魚や貝やカニを捕って楽しかったというだけのことで,小学生でも経験あることだ.この書き込みをした部員 (?) は,この楽しい行為もじつは殺戮であるという厳然とした現実を直視したにすぎない.生命への尊厳があってはじめてできる,ある意味優しい書き込みなのだ.(ちなみに上記引用文の間に「こうやって生き物の命の上に私たちの命が支えられているということをしみじみと感じました」ともある.医学科アドミッションポリシーにある「患者の痛みや苦しみを共感できる豊かな人間性を有している人 」に該当するのはまちがいない.)

こんなことも理解できない宮崎大学医学部の佐藤泰範総務課長は「魚取りしても、貝取りしても(学生らは)『殺した殺した』と。そういった表現をすることは、言葉の芸術だと、そういう感覚」とコメントしている.そして,これで学生たちの行為を批判したつもりのようだ.(「言葉の芸術なのだから尊重すべき」という弁護かと最初は思ったが,じつは「言葉の芸術に過ぎない」と芸術をこき下ろすのが真意だろう.思想は自由だが,なんでこんな人間が大学にいるんだろう.文芸学部でなくて,医学部だからか?)

言葉の芸術が生まれるためにどれだけ覚悟が必要か理解しようともしない人間に,説明は通じないかもしれない.代わりにその他の良心的な方々のために,田村隆一の「四千の日と夜」から書き出しを引用しておく.この詩集『四千の日と夜』は,私がこれまで意識的に触れた日本語のなかで,まぎれもなくもっとも数多く繰り返して読んで来たものである.私が生きて来た人生の底流をなしてきた曲が,この詩集のユーモラスともいえる一遍一遍だ.

一篇の詩が生れるためには、
われわれは殺さなければならない
多くのものを殺さなければならない、
多くの愛するものを射殺し、暗殺し、毒殺するのだ

宮崎大学の学生はウサギ狩り部ブログについて,「命の尊さを冒涜する行為で、同じ医学生として恐ろしい」などの苦情を大学に多数寄せたそうだ.「決めつけるなよ!」と言いたい.ボクには命の尊さを強く打ち出した優しい表現にしか見えない.仮に冒涜していたとしても,そんなことは表現者にとって自由である.現代日本という特殊な環境における常識に反しない表現しか許されないならば,そもそも《表現の自由》の意味がない.つまらない苦情を寄せてウサギならぬ言葉狩り (表現の自由の弾圧) をする大学の手助けをする暇があるなら,田村隆一の詩でも四千回くらい読んでみたらどうだろう.参考に,田村隆一の詩の断片をいくつか載せたサイトと私の好きな「立棺」から断片を挙げておく.

わたしは地上の死を知っている
わたしは地上の死の意味を知っている
どこの国へ行ってみても
おまえたちの死が墓にいれられたためしがない
河を流れて行く小娘の屍骸
射殺された小鳥の血 そして虐殺された多くの声が
おまえたちの地上から追い出されて
おまえたちのように亡命者になるのだ

【2005/12/16 00:57 】
| 大学 | コメント(19) | トラックバック(6) |
<<社会選択理論家はビクビクしながら生きて行かなければならない運命か? | ホーム | 愛はあるのに技巧がない>>
コメント
ところで,「冒涜,面白いじゃないか.ハハハ」などとボクに言われても,キミをクズだと思ってるとは限らないので,誤解なきよう.(まあ,洗練された人間は誤解しないだろうけど.) 分かるひとにも分からないひとにも同じ表現が使えるのは便利だ.

リスの方が動きが面白いと思うが,ウサギもかわいい動物だ.ボクのところにはビーバーもいるけど,このブログのトップのウサギ似たクマにゃんもいる.本物のクマとちがって,そいつもかわいい.
【2005/12/16 07:43】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
これからたたきのコメントが続くんだろうなあ。

俺は平凡助教授さんの意見に賛成。
というか今回の処分は重すぎです。
せいぜい進学に影響のない程度の処分にすべきだった。
【2005/12/16 09:06】
| URL | おい #SLtvneso[ 編集] |
>これからたたきのコメントが続くんだろうなあ。

大量にトラックバック送ったけど,叩きコメントが続くことはないいんでは.さわらぬ神に祟りなしというじゃない.8888笑8888

>今回の処分は重すぎです

といった問題として扱いたくはないが,今回の処分は「ウサギは事故死」という調査委員会の報告を受けての処分であることは理解しておくべきだろう.つまり,
●死体の弔い方 (がたまたま教授陣のお気に召さなかった) という一点で処分が下された
のだ.非難のあるなしにかかわらず続編を書くかもしれないので,請うご期待.それにしても,

一匹のうさぎの死にこれほどの意味を与える弔い方を,
どうして「冒涜」と決めつけるのだろう?
【2005/12/16 19:38】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
 こんにちは。
 私も、宮崎大学教授会がおかしいと思った一人です。
 私も医学科学生ですが、たかだかウサギ解剖写真ぐらいでこんな処分をされたら、私ならすぐに裁判をおこしますよ。勝てば、留年で失われた所得額程度は認められるだろうから、裁判費用を費やしてもお釣りがきます。
 でも、裁判官は和解を勧めるでしょうねえ。そっちの方が解決が早いし、裁判官だって仕事が片付いて助かるし。
【2005/12/16 19:55】
| URL | Inoue #-[ 編集] |
Inoue さんへ,

一瞬,「へんな趣味の奴がやってきたか? 動物虐待好きに妙な連帯感持ってもらっても気持ち悪いなあ」と思うとこだった (笑) が,ブログの内容すごくまともですね.面倒なのでボクは Inoue さんのようにまじめに議論はする路線は取らなかったんですが.医学部というところはいまだに封建的なところが残っているみたいですね.教授が学生の学外活動までコントロールできると思っているような.

前身である宮崎医科大学の教授の研究室でアルバイトをしていた知人女性から聞いた話では,それでも自由そうな雰囲気があったんですが…… (エッチな話とか楽しく死体を処理する話とか).そういう影響も (少し) あって研究者を目指すようになった自分としては複雑な思いです.
【2005/12/16 21:03】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
 宮崎大学にはフィッシング部も狩猟部もないのでしょうね。昆虫採集をする人もいないのでしょう。

 このトピックに関して、世間の医者幻想を知ってびっくりしてます。どうやら、医者とは技術者である上に人格高潔かつ決してミスをしない神様のようなものでなくはいけないらしい。もちろん、報酬も求めてはならない。
 平凡助教授様は「学者幻想」に遭遇しているかと思いますが、如何。
【2005/12/16 23:18】
| URL | Inoue #-[ 編集] |
世間的な大学教員が近年増えていることから,「常識を疑って自分で考え直す」といった古典的な学者幻想をリバイバルしたいところなんですけどね.

「Inoue さんはいったいいくつ大学出たんだ?」「なんでこんな賢そうなひとが医学部なんかにいるんだ?」(失礼) などと素朴な疑問を感じつつ,いくつかの記事を楽しみました.

以下は,当ブログ読者向けのおすすめ記事:
・大学は学生に何もしないでほしい
http://inoue0.exblog.jp/2247090/
・全員参加の大学見物
http://inoue0.exblog.jp/2128636/
・書評「微分積分読本」(小林昭七)
http://inoue0.exblog.jp/1866969/
・医学科学生にとって研究はどうでもよい
http://inoue0.exblog.jp/1778977/
・学力だけでは評価できないほど低学力
http://inoue0.exblog.jp/1670147/
・飛び級を作ろう
http://inoue0.exblog.jp/1643892/
・優れた大学教員
http://inoue0.exblog.jp/1512629/
【2005/12/17 00:59】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
トラックバックとコメントどうも。
【2005/12/18 20:25】
| URL | noharm #LbC7N53Q[ 編集] |
 TBありがとうございます。

 可哀想とかの感情論で判断するのはマズいですよね。そんなこと言い出したら、きりがないぐらい主観が入り乱れることに。
 ただ、インターネットっていう不特定多数が見る場に出してしまった問題は、あるんじゃないかなって思います。
【2005/12/18 22:25】
| URL | 久遠 #-[ 編集] |
久遠さん
http://selfcontrol.seesaa.net/article/10693641.html
>「おとがめなし」を選ばない理由は、こっそり楽しむのではなくて
>「不特定多数が見る可能性が高いインターネットに公開して、騒がせ
>てしまったから」が理由。こっそりと学術研究でも面白半分でも死体
>の解剖をするのなら、ぜんぜん「おとがめなし」でOKです。

少しユニークな意見だったのでコメント.そういう要領の良さは,医者全体にとっては長期的にはあまりいい影響がないでしょう.そのような実像と理想像のギャップを作ることは,社会一般の医師に対する期待レベルを不必要に高めてしまって結局は医師たち自身の首を絞めることになると思う.(ある部族 [医師予備軍] の奇妙な死体の葬り方をとやかく批判する大衆の「集団的サディズム・集団的狂気」に大学が屈したのが本質である) 今回の事件では,大学が集団ヒステリーに屈したことによって,職業倫理の本質でない部分で一般の期待レベル (虚像) を高めてしまったのがまずい.奇妙な弔い方をするといった,医師の資質と無関係な部分についてはもっと本音でやったほうがいいと思う.むしろ,きちんと医学の最新動向を学んで技術をつけること,時間を守ること,(ひとにもよるが) 飲酒手術をしないこと,診察室で一日中煙草を吸わないこと,患者に嘘をつかないことといった仕事上での倫理観を持って欲しい.
【2005/12/19 00:18】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
確かに。


参考までに、ここにも置いてみます

かえるの解剖
http://umemiya.hp.infoseek.co.jp/FROGKAI.html
【2005/12/20 01:16】
| URL | うんこ #pPkF.cak[ 編集] |
おかしいと思う場合、学生当人は大学に対して何か行動を起こさないのだろうか。とてもそんな事を出来る状態じゃなさそうといえばそうだけど、ただ従っていれば安泰なんてことはないのに。
考えなくてすむので楽だけど
【2005/12/23 06:06】
| URL | げろみ #tSXUQx9Y[ 編集] |
 私のブログにも書いてますが、大学側の下す処分とは、たいていが(全部ではない)”恩赦”を可能性として含んでおり、大学側に従順であれば、停学は発表よりも早く解除される可能性があります。このため、再来年3月まで停学が発表されたリーダー格2名は、とくに行動をおこさないのではないでしょうか?
 もっとも、来年3月まで停学(1年留年)と発表された4人に関しては、いまさら救済しようもないので、この4人は裁判の利益があると思います。

 医学科における大量処分事件というと、1999年にあった三重大学セクハラ事件。酒の席で野球拳をやって同席していた看護学科の女学生を半ば無理やり服を脱がせてしまったために、同席した学生5人が退学処分になりました(他に20人が停学)。
 5名中4名は他大学に再入学(受験勉強だけは得意な人たち)、1名は処分取り消しを求めて大学を民事で訴え、地裁で勝訴、高裁で敗訴でした。その後どうなったかは報道がありません。
【2005/12/23 09:44】
| URL | Inoue #WjBz4HtQ[ 編集] |
学生が行動を起こして裁判で勝っても,彼らにとってそんなに得るものはないだろう.しかし,今後似たようなケースで処分を下そうとするアホ大学 (合法的な表現行為を曖昧な学則で処分しようとする大学) にたいしていくらかの抑止力にはなると思う.その意味で社会的にはメリットがあるので支援したいんだが.(公共財の過小供給の問題が生じている.)

それにしても,負けたら脱ぐのがルールのゲームに参加していて脱がないというのはルール違反というものだ.ま,自由意思では「参加」していなかったのかもしれんが.それなら意思表示をはっきりさせて欲しいよな.
【2005/12/23 12:43】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
学生達が blog に何を書いていたか分からないので判断に困るのですが、とりあえず自分が生きるのにどれほどの生命が犠牲になっていないか認識していない人が多いことを感じました。

日本の伝統的な宗教が"人間"に普遍的なものだと思われているのではないでしょうか。
【2006/01/06 23:54】
| URL | nuc #wr.8gKW6[ 編集] |
・生命の犠牲の自覚
そりゃ、国やTVや群衆その他色んな人たちが隠して「見えないようにしてる」のだから仕方ない。
でなければ学校に『給食費を払っているのだから「いただきます」を言わせないでください』と言う主婦が出たりもしないでしょう。
少し裏で犠牲になっている現実が写ると「子供の教育に良くない」とか「グロ画像で反社会的」と隠す。
そのゆがみは色々な所で出始めています。
ノラ犬を殺傷処分して作られてる清潔で安全な社会の中で、人も思想も作品もブログも、これから更に管理されていくことでしょう。
【2006/01/07 20:26】
| URL | げろみ #pPkF.cak[ 編集] |
To nuc,

これまた賢そうな方が出現しましたね.この記事よりももっとコメントするにふさわしい記事がいつか現れると思うので,そのときまたよろしく.
【2006/01/09 00:37】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
人が、多くの犠牲で生きているということを、動物を殺すことによって表現したって、その表現自体が、結局は殺されるようなものでしかない。
人の言葉は、殺されなかったら生きていたはずの生命よりも大事なものだ、とは私は思いません。
【2006/01/11 00:49】
| URL | s #LkZag.iM[ 編集] |
花自体を見るだけでは得られないような感動も,詩ならば伝えられることがある.そういう種類の感動は確かに存在するとある古い詩人が言った.それにたいして,谷川俊太郎かだれかが,花自体から得られる感動以上のものを詩が創れるはずはないと言った.そんなものかもしれない,花も殺さず言葉だけで表現するなら.
【2006/01/11 03:02】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/57-25029bbe
ウサギ狩り部事件 続報
 ネット上の意見で、否定論の大半は「将来医師になる人がそんなことをしていいのか」で話が終わっていて、議論の対象にならない。「耳鼻科女医のブログ事件のように所属を明らかにしたから問題だ」という意見もあるが、あの事件はブログを読んだ患者の感情の問題があった。 医学教育のひろば【2005/12/16 19:50】
[解剖][医学医療][掟]解剖と解体の間
ウサギ解剖ブログ問題、医学部学生6人を停学処分…宮崎大学  宮崎大医学部(宮崎県清武町)の2年の男子学生6人が、死んだウサギを自宅で解剖し、写真をブログ(日記形式の簡易ホームページ)で公開した問題で、医学部は14日、教授会を開き、「本学の信用を失墜させ、 アナトミストはヤツメウナギの夢を見るか?【2005/12/17 21:50】
ブログにウサギ解剖写真、宮崎大生6人を停学処分
宮崎大学医学部学生6名により、死んだウサギの解剖の様子がブログで公開されていた事に対して、同医学部は、6名を停学処分としたようだ。リーダー格の2名は再来年の3月末まで、他の4名は来年3月末までだそうだ。 こんなことあるんだよね【2005/12/18 02:02】
[日記]HPにウサギ解剖を載せて医学学生処分
■ウサギ解剖、HP公開…宮崎大医学部生6人を自宅謹慎http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051212i414.htm >宮崎大医学部(宮崎県清武町)の2年生男子6人が、死んだウサギを自宅で解剖、その様子を撮影した写真を、ブログ(日記形式の簡易ホームページ)で公開 げろみ日記【2005/12/20 02:47】
宮崎大学医学部教授会の表現弾圧にかんする覚え書き
宮崎大学医学部教授会の情けない逸脱への怒りが収まらない.大学が大学の責務を忘れて学生の表現行為に停学処分を下した,破廉恥な言論弾圧事件のことだ.「うさぎ狩り部」を名のる学 ある平凡助教授の,なんということもない日々【2005/12/25 18:26】
鶏の処分は宮崎大学うさぎ狩り部にまかせよ
おいしい宮崎地鶏を食べていたら,宮崎県清武町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されたとのニュースが入った.供給も減るが需要ももっと減るだろうから,単純に考えると価格は暴落するのだろうか.(保存がどのくら ある平凡助教授の,なんということもない日々【2007/01/15 15:00】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。