スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
愛はあるのに技巧がない

宇治の予備校講師 (法学部学生) が小学生女児を刺殺したニュースを見たあと (宇治を通過して旅先にいたので普段は見ないテレビを見ていた),夢に出て来た詩に「愛はあるのに世界がない」という言葉があった.「愛はあるのに世界がない」という言葉がしつこく繰り返されていたため,「下手な詩だなあ」と夢のなかでずっと思っていた.その言葉がどういう意味を持つのか,そのニュースと関係あるのか,しばらく分からなくて数日間悩み続けた.今朝の産経抄を見ると「今年の世相を表す漢字が『愛』だといわれても首をかしげるばかり。京都府宇治市にある学習塾の教室で、小六女児を刺し殺した男の顔写真を見ていて、『ゆがんだ』という言葉を添えれば納得できた」とあった.どうやらまた「予知夢」か?

そういえば,米国産牛肉の輸入部分解禁が先週発表されたとき,その話をしていた相手に「やった! ぜったい国内で BSE 牛が見つかったのを [政府は] 隠してるはずだよ!」と冗談を言ってたら,ほんとに千歳市で21頭目の BSE 牛が見つかったな.こちらは夢ではなかったけど.

目覚めたときになんとなく分かっていたのは,「愛はあるのに僕 (たち) の居るべき世界がない」という解釈だ.なんとなく分かるだけなので,説明は試みない.経済理論家としては,「愛はあるのに技巧がない」と言い換えたほうがしっくり来る気がする.詩としてもそちらの方が少しマシだ.読者は,なぜぼくたちが技巧を求めるのかなんとなく想像できるだろう.女児を刺した予備校講師は法学部の学生ということだ.女児に対するある種の「愛情」は感じないでもないが,あまりにも技巧が稚拙だ.ちなみに「愛はあるのに技巧がない」のは法学部出身者の多くに強く感じることだ (「法と経済学」の議論なんかを参照).でも,彼らには同時に「技巧はあるのに愛がない」とも強く感じる.(彼らは経済学こそ「技巧はあるのに愛がない」というにちがいない.) この段落でボクは何を言いたいのか.けっこう説明が面倒そうだし,うまく伝えられそうにないので,暗示するだけで終わろう.

ちなみにボク個人は学生をひとりも刺殺したこともないし殺そうと思ったこともないので,我ながら偉いと思う.(やや特殊な来歴のある自分のばあい,あまり殺意の欠落を強調すると,死活的に重要な抑止力が失われてしまって困るが.) 事件に便乗してさっそくボクが「ああいうほかの教員とちがって,ボクはキミを無事生きて帰してあげるから,安心してボクについて来たらいい」と (児童ではないが) 女子学生をデートに誘うとき,ボクの言葉にウソはないのだ.(ドライブ中のクルマが瀬戸内海に落ちるといった,想定外の事故というのはあるかもしれないが.) ♀学生も生命の安全だけは約束してくれるボクを心から尊敬して,きっとフェラチオでも何でもしてくれるだろう.犬も歩けば棒があたると言うではないか.人徳ある教員が誠意を持ってアドバンス (前進,口説き) すれば棒があたるということだ.

それにしてもその法学部生は困ったことをやってくれたものだ.報道によると,以前大学で財布を盗んだのが見つかって警備員を殴って停学処分を受けたことがあるらしい.ひとを殴るような人間が殺人をするのはいけない! ひとを殴る人間にはそうでない人間よりも高いモラルが求められる.どうしても殺さなければならないならば,女児ではなく大人を殺すべきではなかったか.困ったことというのは,今回の事件により「ひとを殴るような奴だから人殺しもするのだ」という誤解が生じて,予備校講師として就職するのがむずかしくなることだ.「記念に何人か大学関係者を殴ってクビになってしばらく無職で過ごして銀行預金がゼロになったら学校経営のコンサルタントか予備校講師になろう」といった人生設計を描いている大学教員は少なくないだろう.同僚を殴るだけで予備校講師になれなくなれば,彼らの人生設計が大きく崩れるだけでは済まない.大学にたいする「喝」もなくなってしまい,大学が衰退して困ったことになるのだ.

【2005/12/13 23:45 】
| 社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<平気で表現を弾圧する破廉恥な宮崎大学医学部 | ホーム | ガソリンも入れないで「クルマが動かない」と言われても: 教授会から中継>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/56-53f6b73e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。