スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
選挙とか市町村合併とかで思いついた,独創性のとぼしい実証研究ネタ

比例代表制のドント方式 (d'Hondt or Jefferson's method) の説明 (たとえばこちら) は,たいてい計算方法だけしめして意味をしめしていない.それで分かる人もいるだろうが,分からな人のほうが多いのではないか.ドント方式のポイントのひとつは,「各政党の各議席に優先順位をつける方式である」ということにある.つまり,その優先順位は「J 党と M 党のどちらを優先するか?」といった,政党を比較する形ではない.「J 党の3議席目とM 党の1議席目とのどちらを優先するか?」といった比較をするのだ.

具体的には,ドント式による優先順位は以下のようなものだ: すでに議席がいくつか配分されたとして,いま,次の追加的な 1 議席をどの政党に配分すべきかを考える.その議席を追加したあとに議席あたりの獲得票数はいくらになるかを各政党について計算する.そして,その《議席あたりの獲得票数》がいちばん大きい政党に,その追加的な議席を配分するのである.たとえば 3001票獲得したJ 党と1000票獲得したM 党があるとする.J 党が最初の 1 議席を獲得したときの《議席あたり獲得票数》は 3001,一方 M 党のそれは 1000 だから,その議席は J 党に行く.つぎの議席の配分を考えよう.J 党がその議席を獲得したときの《議席あたり獲得票数》は3001/2=1500.5 (すでに1議席を獲得しているから分母は 2になる),一方 M 党のそれは 1000 だから,その議席は J 党に行く.つぎの3議席目の配分を考えよう.J 党がその議席を獲得したときの《議席あたり獲得票数》は3001/3=1000.3 (すでに2議席を獲得しているから分母は 3になる),一方 M 党のそれは 1000 だから,その議席は J 党に行く.この比例区に3議席しかなかったらこれでおしまい.J 党は 3 議席,M党は 0 議席を獲得となる.政党が2つの例は分かりにくいので,読者は他の例も見るといいだろう.ポイントは「追加議席を獲得したとしたときの《議席あたり獲得票数》」を基準にするということである.「社会選択理論」あるいは「公理的方法」として知られる学問成果を活用すれば,本当は「整合性」などの公理によってもっと意味を与えることができるのだが,ここでは省略.

追加 (10/5/2005): 図式的に意味を捉えるには,こちらのページの説明,特に最後のグラフを見るといい.■

ところで瀬戸内海に面した市である高松は,近く塩江町との合併により,徳島県にも接する「県境のまち」になる.その後もいくつかの町が加わり,ある期間たとえば高松地区選出の市議会議員は 40 人,塩江地区選出の市議会議員は 1 人となる.ここで疑問になるのは,この議員定数というのはどういうふうに決めたかである.おそらく国家が「こういう風に配分せよ」と細かく決めたわけではなく,関係市町村の交渉のなかで決まったのだろうけど,どういう基準にしたがったのだろうか.かりに有権者の人口比にしたがっているとしても (べつに塩江人が高松地区から出馬してもわるくないだろうから,したがっていない可能性も大きいが),微妙な問題である端数はどうあつかわれているのかというのが気になるところだ.そこで実証研究のための課題をひとつ.このような配分議席数は最近になって出て来たものなので,プロの政治学者もまだ論文として発表していない可能性が高い:

  • 各地区への議席配分はドント方式ほかいくつかある比例配分方式のどれかにしたがった結果だろうか?
  • ある地区 A が他の地区 B よりも不利とみなせる配分結果を受け入れているばあい,地区 A は地区 B よりも他の面で不利な状況にあったと言えるか?

「他の面で不利な状況」とはたとえば (人口あたりの? 税収あたりの?) 財政赤字が大きいといった,数字ではかれるものがいい.客観的に観察可能な数字とは無関係に議席数は決まっているかもしれないし,そうではないかもしれない.ちなみにアメリカの下院の議席数は各州に配分されており,その配分方式にはいろいろと変遷があった.それは州同士の交渉ではなく (代表同士の交渉とも言えるが),国家レベルで配分の方式をひとつにきちんと決めた上でなされてきた.よって,そのひとつの方式をどういうものにするのがいいかという規範的・理論的な研究がなりたちえる.代表的な研究として,Balinsky and Young (1982) Fair Representation という本がある.

【2005/09/02 10:20 】
| 社会科学 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<今年も行って来た愛の道東 | ホーム | 退屈な穴埋め作業ぼちぼち進行中>>
コメント
例として入れようと思ってて書き忘れたのだけど,結婚のときの新婦の持参金と新婦の美醜 (あるいは新郎のそれとの差) との関係の実証研究はあるのだろうか。
【2005/09/02 11:17】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
すいませんが今から十五年くらい前に香川医科大学であった裏口入学で不合格になったあのときの受験生です。医学部は諦めて現在は法律の資格をとっている最中です。だからあのときの当人たちに言っておいてください。もうじき全ては明るみにはなるし、刺青までした大平光代弁護士みたいに世間に全てをさらけだす準備は整ったしこちらも死ぬ覚悟はできているとはね?本当にお願いします。
【2005/09/17 03:02】
| URL | #-[ 編集] |
引用した URL は小樽商科大学商学部社会情報学科の行方常幸教授のホームページにある比例配分の計算プログラム.ドント式は Jefferson で計算のこと.
【2005/10/11 07:11】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/46-9fbc22a7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。