スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
敗戦記念日もある 8 月にふさわしいエンターテインメント

おっと,きょうは原爆の日だ.日本がアメリカと戦争した時代があったということだよな.今年は「戦後六十年」つまり日本が太平洋戦争で負けてから60年ということだ.60年経ってもいまだに敗戦記念日---「終戦記念日」の方が正式名称だったかな?---は 8月の最大のイベントかもしれない.終戦を記念して,死者と対話するためのお盆がはじまったのだろう.原爆の炎で終戦だったから,お盆には迎え火とか送り火をするのだろう.そして盆に焚火することから,bonfire という単語が英語になったのだろう.ちなみに送り火は英語では bonfire for speeding the spirits of the dead という.

終戦記念日というのがわが国として重要な日であることにはちがいないが,これはいまの平和を祝うのが趣旨なのか,負けたことを悲しむのが趣旨なのか,負けるような戦争をしてしまったことを反省するのが趣旨なのか自分にはよく分からない.お国がちがう韓国で「光復節」として祝うのは分かるが,日本人が祝う必要はないだろう.じっさい国民の祝日ではないから,祝う必要はない.かといって悲しむべき日かと言うと,それもちがう気がする.「敗戦」と言えば悲しみのニュアンスもあるが,「終戦」には悲しみよりも「終わった!」という安堵のニュアンスが強そうだ.まさか反米とか反日のための日ではないとは思うが…….やはり戦争に勝てなかった,戦略のまずさを反省する日というのが正解だろうか?

敗戦記念日の趣旨についてこんなに深い考察をした日本人はかつていなかったのではないかと錯覚しそうな前段落であるが,それは置いておこう.平凡な一日本人としては,喜びや悲しみや反省などなど (ひとによっては反米・反日も),いろいろあるときに適当に済ますために便利な「複雑な気持ちです」という表現でも採用して,あとはその「複雑な気持ち」をうまく反映したような娯楽でも見つけて過ごせばよい.敗戦記念月の意義ある過ごし方としては,それで合格点をもらえるだろう.そんなわけで,8月にふさわしい娯楽を考えてみよう.

終戦記念日は盆だから幽霊だ.心霊ものの映画を見るのもいいかもしれない.
最近の幽霊は手抜きというか省力化が進んでいて,ビデオや DVD に乗って移動するし電話もかけてくる.
昔はせいぜい写真に乗って移動するだけだったが.
たぶん今時の幽霊はインターネットもやるだろう.ボクのチャットの相手は幽霊かもしれない.
そんな幽霊は好きにはなれず,ボクはもっと土着の匂いのする「死国」を二度見た.
「死国」の蘇った死者はもっと古典的で礼儀正しく,苦悩の表現方法も抑制されていて好感が持てる.
かわいい女子高生に死んでも愛してもらえるのは素敵だ.
いや,べつに「盆だから幽霊だ」などと遠回りをする必要はなかった.
単純に戦争映画でいいじゃないか.
でも最近の怪獣は都市で暴れても建物は壊さないようだ.
それは怪獣映画か……

などと思考が走る.結論をいえば敗戦の8月にふさわしい娯楽は戦争映画だろう.単純明快.今年はいろいろあるが,宇宙とか外国が舞台となるものよりも日本が舞台となるもののほうがふさわしいだろう.で,ボクは戦国自衛隊を見るべきか,亡国のイージスを見るべきか,ちょっと迷っていた.けっきょく,あの中曽根さんも試写会で見たという亡国のイージスを見に行って来た.映画の内容は説明しない (産經新聞のサイトに詳しい情報がある).

敗戦記念日によせての感想.イージス艦すごい! 乗ってみたい! 去年,海上自衛隊が高松港に来たとき (たぶん航海の神様のこんぴらさん参り) 船に乗りに行ったけど,当然ながらイージス艦じゃあなかった.掃海艇という木造船と掃海母艦だったっけ.まあ,掃海艇も重要な任務を遂行するにはちがいないけど,掃海艇に乗りたいと思って海上自衛隊に入隊する若者はあんまりいないだろう.やはり最強のイージス艦に乗りたいと思うんじゃないか.イージスシステムを開発したアメリカも簡単にはそのシステムを他国には手渡せないなか,日本はアメリカを除けば世界でもっとも多くのイージス艦を配備している国になった.原爆を落とした国に日本がここまで信頼されるようになったことには感慨深いものがある.泣けてくるじゃないか.でも,あの映画の結末を政府は国民にどういうふうに説明するんだろう.気になった.あと,どうして彼は副長を「お父さん」と呼んだんだろう.

【2005/08/06 14:24 】
| 社会 | コメント(5) | トラックバック(3) |
<<一気に進んだ香川体験: うどん,自衛隊,ダム | ホーム | 豊稔池ゆる抜きと Handbook of SCW 2: 遅れていることと済んだこと>>
コメント
はじめまして。
私も「亡国のイージス」を見に行きました。
勝地君演じる如月が副艦長を「お父さん」と言ったのは、銃弾を受けて意識朦朧とした状態だったせいだと思っています。
現実と過去の区別がつかなくなって…な感じで。
父親と確執もあったように描かれていましたから。
副艦長も、それを感じ取って、自分の子に言いたかった言葉を如月に言ったのでしょうから…。
お邪魔しました!
【2005/08/08 22:00】
| URL | みずみ #co9xvPLk[ 編集] |
コメントありがとう,みずみさん.ボクもそうかなあと一応は思ったんだけど,もっと何かあるかもと気になったわけです.分からないことが少なくない映画だったけど,全部分かるのがいい映画の条件ではないからそれはいいでしょう.それじゃ.

韓国では「日本の極右映画」と取る人もいたようだ.
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/02/11/20050211000053.html
そんな背景もあって,ボクのこの記事ではわざと重いものと軽いもの,真面目と不真面目とを混在させてちょっと論争的にしてみた.この映画について書いてる人はほとんどが (終戦記念日なんかと結びつけずに) 純粋にエンターテインメントとして見ているようで,それでいいし正しいだろう.でも,そんな扱いに少し飽きたので,ボクとしては違うものを狙った記事だった……ふつうの映画感想と変わんなかったかしらん.
【2005/08/09 02:01】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
Bonfireの語源はbone fireでお盆と関係ありません。お盆は元々「盂蘭盆」の略で、サンスクリット語のullambanaからくる言葉です。お盆はインドから日本に伝わった行事なのです。
【2006/07/31 14:14】
| URL | NZ人 #-[ 編集] |
おっと,自分でも冗談ということを忘れるところだった.それを言うなら,
「終戦を記念して,死者と対話するためのお盆がはじまったのだろう.原爆の炎で終戦だったから,お盆には迎え火とか送り火をするのだろう」
の部分も訂正してもらわねば! 

でも勉強になりました.もうそろそろそういう季節ですね.
【2006/07/31 18:36】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
あぁぁ恥ずかしい・・・冗談でしたね・・・すみませんでした。お盆とbonfireが似ているから面白いと思って色々調べていたらこのブログを見付けて、肝心な所(bonfireの所)だけを読んでしまって、真に受けてしまいました。
僕のおじいさんたちが2人とも大戦で戦って、1945年の8月に日本に上陸して復旧作業など色々やってたけど、戦争が終わった~って喜んでいるように見えた日本人が多くて意外と歓迎されているように感じたとおじいさんから聞きました。軍隊のキャンプ場の直ぐ
近くに恵比寿という美味しい醸造所があったとおじいさんが言ったけど、「あそこは有名だよ」と教えてあげました。
ところで、日本ではあまり知られていないようですが、当時日本も原子爆弾を開発していました。
以上!
【2006/08/05 17:48】
| URL | nz人 #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/43-64571934
昭和のいのち
?(ページを破ってスクラップしてありましたので、いつ、何の雑誌か不明)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~黒柳徹子さんから聴いた話である。---作家の高橋玄洋さんは、終戦の夏のころ旧制の中学生で広島の郊外に学徒徴用で働いていた。 天上のシンフォニー制作委員会:日記【2005/08/09 16:16】
平和の祈り
明日は8月6日。広島では戦後60年のイベントが開かれます。そこで、平和に関してコメントしたいと思います。平和について考える時、二つの要素があると思います。平和に対する想いと、現実の活動です。想いというものには、愛、他民族・文化への理解、異なった考 伯宮幸明コラム【2005/08/09 16:19】
「サダコの折鶴」
ヒロシマの平和公園には、「原爆の子の像」というのがありますそのモデルになったのは、被爆から10年後に白血病になり、千羽鶴の祈りもむなしく12歳で世を去った佐々木禎子(さだこ)さんです?そのサダコさんのことは、「サダコと折鶴の物語」となって世界に広まっていきま 天上のシンフォニー制作委員会:日記【2005/08/09 16:22】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。