スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
メール検閲システムにかんするメモ

図書館情報機構の下部組織である総合情報センターがメール検閲をはじめた.彼らが「スパム」とみなすメールをサーバ利用者に届けないところがポイント.

「自分たちがメールボックスを提供しているのだから,その中身を捨てるのは自分たちの勝手だ」

ということらしい.勝手なものだ.まとまった考察は次回にして,この記事ではすぐ思いつく問題点などを指摘しておく.反対の声を高め,検閲を止めさせよう.

  • 私信を勝手に削除してもらいたくない.当たり前の感情.
  • フィルタをかけないのがもともとの状態であり,いちばん自然.自然な状態が回復できないのは問題.
  • 迷惑メール対策は必要なら個人レベルでやってるはず.まちがって判定されていないか確認するためにいちいち大学に来てメールボックスを開かなければならないのは不便.
  • 「スパムを苦情とする声に答えるようなサービスをした」ということだが,苦情の主は自分のメールボックスに届くスパムを問題にしたはず.他人のメールボックスに届くメールを妨害しようとしたわけではないだろう.欲しているサービスと提供しているサービスが噛み合っていない.(仮にその人が妨害しようとしたというなら,それは他人の情報収集をする自由を否定しようとする,学者としての風上にもおけない者の意見.そういう学問の自由をも否定する反大学人の意見をまともに受け入れるのは真理探究の府として自殺行為.)
  • だいたい,検閲を「サービス」とよぶのは,どこの全体主義国家だ.受け手の代理人としてスパムを削除するなら「サービス」と言っても問題ないが,実情は受け手の意思に関係なく削除するわけだから,それを「サービス」とは言わないだろう.大学のアドレスが使い物にならなくなる (そのこと自体も確認しようがない),こういう最悪の「サービス」はさっさと停止してもらいたいですね,検閲官!
  • デフォルト設定が検閲状態になっているのはおかしい.デフォルトはすべてのメールを通したうえで,希望者だけがフィルタをかけられるようにすべきだった.これは図書館が利用者の知る権利を守るための機関であることのコロラリーである.図書館情報機構が検閲することは「図書館の自由に関する宣言」に反する.(図書館が知らないでいる権利を守る機関だったとしたら話は別だが,そうではない.だがちゃんと「図書館はすべての検閲に反対する」とある.) 常識的に考えても「有害であるとか迷惑であるとかは,読者の判断に任せよ」というのが大学や図書館のあり方でしょう.

図書館情報機構という表現の自由を守るべき牙城が,自由な情報の流れを妨害するのは情けない.総合情報センターというところは情報の流れを停めることが仕事なんだろうか.

参考

図書館の自由に関する宣言

【2009/07/04 15:16 】
| 大学 | コメント(2) | トラックバック(1) |
<<メール検閲システムは大学にとって自殺行為 | ホーム | NEW レオマワールドの動物園は集客なしでやっていける?>>
コメント
とはいえ、電子的な情報通信の分野ではこの手の規制とか検閲とかが「社会の秩序のために必要だ」みたいな主張がありふれてるんですよね。世の「常識あるオトナ」ほどそういう事言っている印象があるのですが。紙媒体とかなら憲法違反だって声がすごく上がるし、そもそもそういう事を言う人自体が少ないのにすごく不思議なのですが。
【2009/07/04 19:12】
| URL | t #vY51mNPU[ 編集] |
より本格的な記事である「メール検閲システムは大学にとって自殺行為」の最終段落で同様のことを書いているところでした.参考になりました.

彼らはなんの悪気もなく検閲のことを「サービス」と言っているのかもしれない気もしてきました.言葉の使い分けをきちんとやらないと,思想まで狂ってしまいますね.

さて,この記事を学内にメールしたとしたら,「スパム」になるだろうか.苦笑
【2009/07/04 20:56】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/180-b9483352
メール検閲システムは大学にとって自殺行為
前回記事「メール検閲システムにかんするメモ」に書いたメール検閲 (スパム対策) 問題について改めて考察する.「そりゃ検閲だから悪いの当た... ある平凡助教授の,なんということもない日々【2009/07/04 20:38】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。