スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
NEW レオマワールドの動物園は集客なしでやっていける?

NEW レオマワールドの動物園に行ってきた.潰れてしまった旧レオマ時代もふくめて,レオマワールドに行ったのははじめてだ.

ほとんど人影がないため閉鎖中と間違えそうな意味不明の人工湖のほとりを抜け,だれも乗っていない長い長いエスカレーターで上った丘の上の,そのまた奥にその動物園はあった.「オリエンタルトリップ」と呼ばれていたエキゾチックだった区画の跡地の「廃墟」のなかに動物を集めたもので,タイの古い寺院を移した遺跡 (の遺跡?) の奥にある.

というか,この土地ぜんぶがバブルの時代の遺跡と言っていいだろう.手許の古い雑誌に「夢と冒険と感動のレオマワールド」とあるが,たしかにいまは破れてしまったあの時代の夢を感じるにはいい場所だ.経営学を学ぶ学生にはおすすめだ.まだ営業中であり「廃墟」と呼ぶには中途半端だが,廃墟マニアも喜ぶかも.土曜というのに従業員はチケット売り場をふくめて3人しか見かけなかったし,広い場内に客は15名もいなかったと思う.すべてのレストランは潰れていて,建物は荒れ放題だった.運営会社の地図では,わんわんゾーンやふれあいゾーンは入り口付近になっているが,じっさいはそれらも寺院の奥にあった.おそらく従業員を減らすために集中させたのだろう.

しかし動物園としてはかならずしも悪くないかも.客がほとんどいないだけあって,順番待ちや時間を気にせずに犬とかウサギとかと触れ合うことができるから.ただし動物と触れ合うための場所に従業員がいるとは限らないから,従業員をみつけるのがたいへんかもしれない.ボクがウサギと触れ合ったあとも,それまでそこにいた飼育係と見られるお姉さんが 100 メートルほど離れた小屋に移動して,今度は飲み物の販売員をしてくれた (ビール2種類と清涼飲料水3種類だけ売っていたと思う).より直接には,エサの準備と次の触れ合いコーナーへのボクのリクエストに備えてその場所に移ったようだが.

「あれでどうやって採算取れるんだろう? ひょっとすると入口までのエスカレーターの維持費さえ稼げないかも?」などと余計な心配をしつつ帰って来た.調べてみるとどうやら動物の輸入販売とかリースとかをやってる会社が運営しているらしい.学生がいるのかどうかはしらないが,動物飼育スクールもやってるらしい.なるほどな.集客はなくてもやっていけるのかもなあ.

追記 (7/12/2009)

客来ねえ~よ.

【2009/06/21 22:42 】
| | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<メール検閲システムにかんするメモ | ホーム | 囚人のジレンマの作り方>>
コメント
香川には色々おもしろいところがあるんですね。私もこんな人がいなくて変なとこ好きです。しかも民営ですかこれ。とても興味深いです。以前水族館については調べたことがあります。2割が純粋な民営でした。
http://anacap.jugem.jp/?eid=34
【2009/06/22 01:08】
| URL | anacap #-[ 編集] |
トラックバックありがとうございました。
日本のこの不景気、特にこの10年で日本人の心は大きく変わってしまいました。
レオマのオープンした当時は、未来への夢や希望を皆持って居た様な気がします。
小さな景気対策より高齢者の生活保護を第一に政治頑張って欲しいですね(~_~;)
【2009/06/22 11:35】
| URL | macoto #/pdu0RA.[ 編集] |
この動物園は (建築家の macoto さんによると「敷地面積は東京ディズニーの4倍と聞いています」という) 広大な敷地の端っこの,日本一長い (?) エレベーターの末端の丘の上という不便なところにあります.そんなところに税金投入したら,納税者としては怒りたいですよ.

そんな場所だから,よくぞ買い手がついて,しかも「パーク」としての最低限の機能を提供しようとしたものだと感心します.病院とか老人ホームとか宗教系の私立大学とか (ヒンズー教かなにかの寺院遺跡もあるし,弘法大師の善通寺も近いし) がやって来るには悪くなさそうな土地ですが,動物園がやって来たとは! (見かけは動物園でも機能的には動物リース会社の牧場 (倉庫?) に近いのでしょうが.)

macoto さん,すばらしい写真ありがとうございます.寺院の遺跡部分は米国の大学にもありそうな見慣れた配置とか風景に似てたせいもあって,「こういうのはユニバーサルなんだろうな」とだけ思って実はあんまり注視しなかったのです.ちょっともったいなかった.プロが見ると,「彫刻された石や回廊の計算された造りは本物ですので、建築の技術をまじかに見ることが出来、勉強にはなりますね」となるわけですね.

今見ると「当時の金持ちは夢もあったし,冒険もしたんだな」とあきれるような光景です.でも,瀬戸大橋や高速道路も整いつつあったし,近所にはあの金刀比羅宮もあるし.やりようによってはなんとかなったのかもしれません.
【2009/06/22 13:36】
| URL | 平凡助教授 #4TQqPKZU[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/179-e53d2ba9
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。