スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
人生の出発点から敗北者?

「ひとみちゃんに赤ちゃん生まれましたよ。
あたし、ひとみちゃんのおっぱい見ました!
先生もどうですか?」

2006年の3月に卒業した阿知乃からメールだ.「どうですか?」って,ボクにはおっぱい見せないんじゃないか? べつに妊婦 (生まれたあとはそうは呼ばないか?) のおっぱいには興味ないからいいけど.だいたい赤ちゃんって大嫌いなんだよ.うるさいし,糞尿だらけだし,言葉も分からんバカだし,おまけにひとのモノはすぐ壊す.なにもいいところがない.ネコなんかとちがって,生き物として見ても気持ち悪い.部屋の中にとつぜん転がりこんで来た日には,もし人間だと気づかなかったら,こん棒かなにかで袋だたきにされてゴミ袋に突っ込まれていたはずの得体の知れない生物だ.ホント,なにもいいことがない! ガキができたばかりの親に向かって「おめでとう」とか平気で抜かすようなひとを見るたびに,デリカシーないなと思ってしまう.まあ,(意図的に子供を作ったということなら) 長期的にはたしかに悪いニュースではないんだろう.でも,そんな先のことをふつう喜ぶか?「中期的には御愁傷様」とホントのことを言えとは言わんが,せめて「それは (あなたにとって) うれしいニュースですか?」と確認しろと言いたい.

ひとみちゃんはボクのもとゼミ生 (演習受講者) だ.1年生のときと4年生のときにはボクの教えたべつの科目もとったお得意様だ.去年の秋にも,子供できたら見せに来るとかメールで言ってたな.そんなことを言うのは,すごい長期的視野か奇妙な選好を持つということだろう.下手に会って「[中期的には] 御愁傷様」とか言って嫌われてもいやだしなあ~.なかなか気がすすまないボクであったが,単純に「2年前かわいかった子がいまはどんなデブになっただろう?」という好奇心で病室を尋ねてみた.

ひとみ: ええっ?! なんで来たんですか,先生? 勝手に来てもらっても困りますよ.

平凡助教授: いや,阿知乃が来いってメールしてきたから.おっぱい見れるからって.

ひとみ: 阿知乃しょうがない.ホントにメールしたんだ.

[省略]

ひとみ: で,陣痛促進剤を点滴してもらっても効果がなくて,陣痛が始まって42時間も経ってたし,あきらめて緊急帝王切開にしたんです.

平凡: なあんだ痛いの一生懸命我慢したのが無駄だったわけじゃん.はじめからカイザー (帝王切開) にしときゃよかったのに.あはは.

ひとみ: …….

平凡: まあ,やってみないと分からないことはあるからなあ.一生懸命やってダメだったらこそあきらめもつく.

ひとみ: 私も無駄になったみたいに感じて悲しかったです.でも,分娩室に行けるような状態になかなかならなかったってことは,自然分娩を続けたら危険だったということだから.仕方なかったです.

平凡: なんか残念そうだね.しかし,なんで自然分娩とやらにこだわるのかボクにはよく分からん.子供が生まれるというのが目標アウトカムだろ.

ひとみ: わたしが「痛いよ」「お腹が割れる」「早く切って」と一日くらい言い続けても,あくまで自然分娩にこだわってがんばっている助産師たちとお医者さんを見て感じたんですよ.やっぱり自然分娩じゃないとダメなのかなと.

平凡: 感化されたわけね,カイザーは失敗であり負け犬だって.人生の出発点から敗北者になってしまったわけじゃん.

ひとみ: ひどい! 私の産んだ子は敗北者じゃありません.最後まで諦めないで,苦しいのを耐え抜いて,激闘を勝ちぬいて生まれてきた子どもなんです.

平凡: いや,負けは負けと認めるべきだよ.いろんなひとに助けられたわけだし.情けないってことになる.だいたいひとみちゃんは産んでないじゃん.取り出してもらっただけでしょう.えらそうに言うなよ.

ひとみ: …….

平凡: いや,ごめん.「敗北者」とか「取り出しただけ」ってのは,ひとみちゃんを感化したひとたちから見ればそうなのかと思って.ボク自身は自然分娩でも帝王切開でもどうでもいいんだ.しかし,彼らも純粋に医学的理由で言ってるとも限らないだろ.

ひとみ: もういいです.帰ってください.二度と来ないでください.いろんなひとに助けられたのは情けなくありません.

平凡: わかったから最後にひとつ言わせて.助産婦も医師も「カイザーを選べば自分たちが負け」ってことはあるかもしれん.でも,カイザーで取り出された子供自体が負けだとは思ってないよ,きっと.助産婦は手術になると自分の出るまくがないわけだし.(いや,看護婦の資格もあるからわからないけど…….) 医師はどうなんだろう.帝王切開手術になると保険が利いて儲からんとかあるのかなあ.(ま,勤務医なら関係ないんだろうけど…….) いや,いろいろ言ってわるかった.もう来ないから.さよなら.

ボクはドアを閉めて病室を出て行った.

あ~あ,また数少ない味方をひとり失ってしまった.やっぱり身に染み付いた赤ん坊嫌いは簡単には治らないようだ.


ディスカッションのための設問例

設問 1

医療ティームがはじめから帝王切開を選ばなかったことの合理性について検討せよ.

帝王切開をするかどうかの決定問題をデシジョン・ツリー (展開形ゲーム) で描け. プレーヤは母親 (医療ティームと同一視) と「自然」とする. 第二段階で「難航しそう」「うまくいきそう」といった情報を「自然」がもたらす前の第一段階では,母親にとって自然分娩を 目指すのが合理的になるように利得を決めよ.(利得を決めるのに正確なデータは不要.あくまでありそうな数字をしめせばいい.) 母親は「自然」のもたらす情報をうけとったあとで, ふたたび帝王切開を受け入れるかどうかを決める機会を持つとする.

設問 2

「子供が生まれるというのが目標アウトカムだろ」という発言から, 平凡助教授は当初帰結主義的に事態を評価しようとしていたと考えられる. 平凡助教授の評価の基準となる選好はどのような選択肢にかんして定義されているか.

医療ティームが自然分娩というプロセスにこだわっていたとすれば,非帰結主義的に事態を評価していたと考えられる. 医療ティームの評価の基準となる (拡張された) 選好はどのような選択肢にかんして定義されているか.

(Suzumura (1999) の議論が参考になるかもしれない.)

設問 3

「帝王切開で取り出された新生児は負け」という考えを批判的に検討せよ.

たとえば医療ティームと胎児と「自然」をプレーヤーとする以下のような簡単な展開形ゲームフォームを考える.

  1. 第一段階では医療ティームが「帝王切開する」か「帝王切開しない」を選ぶ. 「帝王切開する」を選べば「取り出される」というアウトカムが実現し, 「帝王切開しない」を選べば第二段階に進む.
  2. 第二段階で胎児は「努力しない」か「努力する」を選ぶ. 「努力しない」を選べば「死ぬ」というアウトカムが実現する. 「努力する」を選べば第三段階に進む. (胎児がなんの選択肢も持たない完全に受動的な存在とすると「勝ち負け」の概念を適用するのはひじょうにむずかしいので, とりあえず選択肢を持たせてみた.)
  3. 第三段階では「自然」が「殺す」か「生かす」を選ぶ. 「殺す」を選べば胎児は「死ぬ」.「生かす」を選べば胎児は「生まれる」.

「生まれる」が実現したとき,胎児は「勝ち」と言えるだろう. ところが医療ティームあるいは「自然」の戦略によっては胎児は「生まれる」を実現できない. これを "β-effectivity" の概念をもちいて言い換えよ. (Kumabe and Mihara (2008, Remark 4) の effectivty にかんする議論も参考になるかもしれない.)

このようなゲームで胎児に「勝ち負け」の概念を適用することの是非について検討せよ. たとえばコインの裏表当て (matching pennies) や必勝戦略を持つボードゲームと比較せよ. あるいは次の見解と比較せよ:

胎児にしてみれば,危ないトンネルを一生懸命進んでいたところを,突然審判から「ゲームオーバー.もう進まなくてよし」と言われたようなもの. これは「勝ち」ではないけど,「負け」とは言いがたい.勝敗の概念を適用できない状態だったわけだ.

参考文献

Masahiro Kumabe and H. Reiju Mihara. The Nakamura numbers for computable simple games. Social Choice and Welfare, 2008. DOI 10.1007/s00355-008-0300-5.

Kotaro Suzumura. Consequences, opportunities, and procedures. Social Choice and Welfare, Vol. 16, pp. 17--40, 1999.

(寄稿; 教員の研究活動評価対策のためのケース教材らしい; ケース教材の作製法を助言してくれた女性がたまたま出産前後で,安易な例を挙げてくれたそうだ; それにしても年度末ぎりぎりですね)
【2008/03/26 09:59 】
| 女子学生とつづる純愛アルバム | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<Mystify するな | ホーム | 経済学,経営学,見えざる手>>
コメント
そうなんだ。
子供が出来る=望んだと勝手に思って、いつも「おめでとう」と言ってしまうなぁ。
そうなれば、結婚ももしかすると、簡単に「おめでとう」とは言いがたい場合もあるのかもですね~。
 私も、赤ちゃん、子供が苦手。
でも、だっこしてみたら可愛かった。
きっと人の子を数分借りるだけだから
泣かなかったから、気にならなかったんだろうなぁ。
 それにしても、めでたかろうが、めでたくなかろうが、お腹の中に人間が、10ヶ月ほど居るのは、本当に不思議に感じます。
【2008/03/27 20:04】
| URL | 青嵐 #zpbGWri6[ 編集] |
青嵐,

子供ができたと言われたばあい,ボクは「大変だね」と言うことがふつう.これだと相手の感情をあまり逆なですることもない.

一方,相手をもろ刺激するバージョンもいくつか準備している.たとえば
「ガキばっかり作ってないで,論文作れ」
とか.実際にはなかなか使う機会がない.残念なことに,そこまで論文作りに真剣な学者が身近にいないこと.あと,ガキ作るやつにかぎってけっこう論文もよく書いてたりするから.じっさい「ガキばっかり作ってないで,論文書け」って同僚大学院生に言ってたある知り合いは,結婚してやたらガキ好きになったが,論文の生産性は高いままだ.笑

結婚はたいてい妥協の産物でしょう.それをやたらおめでとうと言う気はしない.でも,知り合いの相手がほんとにどうしようもないとき,「おい,あんな男でホントによかったのか」などとホントのことを言うとかえって妥協感(?)・敗北感を増長するかもしれない.そんなときは「おめでとう」とウソを言って知り合いを安心させるのも,ひとつの配慮かもしれない.選択を誤っかもしれないと思っているひとへのひとつの心配りだ.

ところが結婚相手の選択とちがって,ガキを作るかどうかは選択肢が多くない.もともと「選択を誤ったかもしれない」と思ってることはあまりないから,ここで「おめでとう」といっても配慮にはならない.
【2008/03/29 08:36】
| URL | 平凡助教授 #ySGTZzaA[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/148-fd23fe80
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。