スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
クラシック音楽遥か

「ヴァイオリンというものはさして特別なものではないと、弾かなくなった今でも感じるのですが、私の現在の周囲の人々の中では、クラシック自体・楽器を演奏するということ自体がピンとこない感じの様子です」とは,都会に在住しているとは思えない青嵐さんの言.そうか? バイオリンはけっこう特別じゃないか? (親と妹の住む) うちにはたしかシタールとマンドリンはあったはずだが,バイオリンはなかったと思うぞ.おっとヴァイオリンと書くのかな.で,クラッシックといえるかどうか分からないが,ピアノを習うひとはたくさんいるでしょう.うちでもボクはその被害にあったものだ.いや,ボクが習わされたというわけじゃない.妹が習い始めたのに合わせて母親も独習で始めたので,ボクは小さいころからふたりの弾く直立ピアノの騒音に悩まされたものだ.

おまけに (体操の推薦で高校に入り,いったん入ったら喧嘩して体操止めた) 妹は短大で音楽科に進んだので,演奏時間は減って行かなかった.(下の家の隣に声楽家が住んでいて短大の教員をやってたので,たぶん今度はそちらの推薦で裏口入学でもしたんだろう.いや,裏口が必要なほどレベルの高いところではなかったので,表口かもしれんが.) 音楽科生割引でグランドピアノも買ったか買い替えたので,ピアノは二台になった.ピアノを買い替えても音が良くなるわけでもなくて (いや,良くなったが,聴くに堪えるにはまだだった),ボクはその後も家族が弾くピアノは聞きたくもなかった.(といいつつ,そのころは別居していたはずなので前後関係がどこかおかしいのだが.やはりグランドピアノは前からあったんだろうか.それともアップライトを買い替えたんだろうか.) でも,たまに親戚の奇麗なピアニストのお姉さんがうちに来て鮮やかに弾いてくれることがあって,そのときうちのピアノがボロなわけではないことを改めて発見するのだった.ピアノが悪いのではなく,母親と妹の弾き方が悪かっただけなのだ.

ボクが好きな曲はバッハ,そしてオルガンに偏っている.大学院留学時代はそんな CD ばかりを買い貯めたものだ.オーケストラは好きになれず.いっぺんにたくさんの楽器が鳴るとどれを聞けばいいか分からないからなあ.複雑さについていけないということか.でも弦楽器のばあいソロではもの足りず,室内楽団くらいがちょうどいい.でもやはりソロ自体,つまりひとりで演奏しているという事実自体,が好きで,そうなるともっとも複雑で可能性の高い楽器 (?) であるパイプオルガンという選択肢が残った.あれはすごい楽器だけど自分の家に置けるひとは少ないだろう.

ヴァイオリンで好きな曲ってあっただろうか? 押し入れに入っている CD コレクションを少し探してみた.バッハの無伴奏バイオリンってなかったけ (もちろん作ればあるんだけど)? Yo-Yo Ma の無伴奏チェロは出て来たけど,ヴァイオリンは見当たらず.でも聞いた気がするんだけどなあ.「これってほんとうに一台で弾いているの?」と疑ってしまいそうなところがいい.そういう意味では,Midori の演奏する Paganini のバイオリンソロ (24 Caprices for Solo Violin, Op. 1) なんかすごい.最後の No. 24 あたりとか,ほとんど不可能そうな感じのところがいくつかある.青嵐さん弾けないかな? いやあ,ボクって意地悪いな.

【2007/01/29 11:54 】
| | コメント(5) | トラックバック(1) |
<<由緒ある神社がゴミ屋敷化する理由 | ホーム | Steve Jobs's Keynote Address はビジネススクール学生必見!>>
コメント
うん、いじわるなおじ様だわ。
トラバありがとうございます。
 リンク先のお姉さまの幼いころのエピソードには憧れた頃がありました。
スペイン交響曲は音大コースには必須課題曲の一つみたいですね。
私はそこまで行き着けなかったですが、年長のお姉さん方の弾く姿にはいつも憧れていました。
 コレルリのラ・フォリアが最終曲課題曲なので、大したレベルではないけれど、イタリアで演奏できただけでも満足かなぁ~♪
 助教授のピアノも聴いてみたい。
【2007/01/29 20:37】
| URL | 青嵐 #zpbGWri6[ 編集] |
初めまして、青嵐さんの所から飛んできました。
クラシックの話題になると、黙っておられず…無礼をお許し下さい。
>バッハの無伴奏ヴァイオリン
あります! 実にいろいろ出ております。

>雑音ふうのが楽しい
と仰るのでしたら、バッハではありませんが、チョン・キョンファさんの音色などお好みかもしれませんね。
【2007/01/29 23:40】
| URL | くるりん #PmYjblp2[ 編集] |
青嵐へ.コレルリをイタリアで演奏って,すごいじゃん! バッハが好きだった自分はバロック音楽が好きなのかと勘違いして,コレルリを聴いたこともあったなあ.話噛み合ないけど,バロックは古楽器が渋いよね.ハープシコードとか古風な見かけのわりにデジタルっぽい音出すし.

くるりんさん,

バッハの無伴奏ヴァイオリンの CD はありました. Unaccompanied (無伴奏) という言葉が載ってなかったので見落としてた. (韓国語読みだとたぶん) チョンギョンファという演奏家は知らなかった.ヴァイオリンのことはほとんど知らないなあ.オルガンなら,ミネアポリス,セントポール周辺でよく教会に聴きにいったり毎週90分もののラジオ番組を聴いたりしてたので,現代の作曲家や演奏家や楽器製作者の名前もある程度分かるんだけど.

記事を書いたあと,パガニーニとかアーノンクールのことをちょっと調べました.アーノンクールの「雑音」はじつはバロック音楽本来の弾き方を復活させたもの---といった解説を見つけました.なるほど (個人的には無理な現代化とか不自然さを感じないのは) そうなのかもしれないなと思った.
【2007/01/30 17:23】
| URL | 平凡助教授 #4TQqPKZU[ 編集] |
何度もすみません。
本日家人に聞いたところ、バッハの無伴奏ヴァイオリン、平凡助教授様の好みから言うと、シゲッティあたりがお勧めとのこと。

セントポールにいらしたのですか! セントポールと言えば、ホルストのセントポール組曲…あ、イギリスではなくアメリカのセントポールでしたか、失礼しました。ブリテンのシンプル・シンフォニー(弦楽四重奏版)など、どうかな~と思ったのですが…。

>バロック音楽本来の弾き方を復活
ははーん、古楽器奏法だったのですか。古楽器を使ったのか、モダン楽器を使ったのかわかりませんが、古楽器で聴くバロック(もしくはバロック以前)も好いですね~。

長々と、申し訳ありませんでした。
【2007/01/31 01:02】
| URL | くるりん #PmYjblp2[ 編集] |
シゲッティ,ちょっと試聴してみました.好みのような気もするし,そうでない気もする (笑).「ヴァイオリンで好きな曲ってあっただろうか?」と本文にあるとおり,すごいと思うのと好きなのとはちょっとちがうんですよ.持っていた Milstein の CD を取り出してどこがいいのかちょっと聴いてみたけど,フーガが好きなのかなと思った.オルガンでもフーガが好きで,その理由はと言われても困るけど,「フーガ バッハ 無伴奏 バイオリン」で検索したら,ちょうどいい解説がありました.おっと,いま気づいたけど五嶋みどりの文章なんだな,これ:

「バッハの作品は、対位法により作曲された傑作で、旋律が独立性を保ちながらも同時に複声が演奏されなければなりません。例えば、『無伴奏ソナタとパルティータ』のソナタのフーガでは(バッハはテンポの遅い-速い-遅い-速いという楽章の構成にしたがっているので、3つの全てのソナタは第2楽章が4声のフーガになっています)、様々な旋律が相互に絡み合い、それぞれの旋律を別のヴァイオリニストが弾いているかのように演奏されなければなりません。」
http://www.gotomidori.com/japan/m_notes/m_notes-49bach.html

本文では「これってほんとうに一台で弾いているの?」と素朴な感想を書いたけど,専門家の言うことと要するに同じじゃん(笑).

どうでもいいけど,清水さんがこれ読んでたらメールでもちょうだい.アドレス分からなくなったから.
【2007/01/31 03:41】
| URL | 平凡助教授 #ySGTZzaA[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/102-1ab5fecc
マンドリンがたくさん
近くに楽器店がないのでネットでの購入ができるのは非常に助かる。切れている弦があり、セットで交換した。・七月六日・立花大敬さんシリーズ その29・マンドリンコンサート・マンドリンコンサート・ 四狂神バトル合奏版・ 楽器バトン!?・ クラシック音楽遥か・ 【ブーム 弦楽器が最高によかった【2007/08/04 18:51】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。