スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
Steve Jobs's Keynote Address はビジネススクール学生必見!

ビジネススクールで教えていることもあって,たまにはビジネス (?) のプレゼンテーションでも見ようかと思い,Apple Inc. の CEO である Steve Jobs の "Keynote Address" を見てみた."Keynote Address"といえばふつう「基調講演」のことだが,"Keynote" はアップルのプレゼンテーションソフトウエアの名称でもあるので,ここでは二重の意味がある.最初は 15分間くらい見るつもりだったのが,なかなか人を魅き込ませるプレゼンテーションだったので,(1時間半以上あるプレゼンテーションの) 大半を見ることになってしまった.

ビジネススクールの学生がぜったい見るべきは,上記リンク先の "Watch iPhone Introduction" の少なくとも最初の11分間の部分だ ("Watch the Keynote Address" でいえば26分以降の部分; iTunes Store から podcast として無料ダウンロードもできる).新製品を過去の革命的な製品と同列に見せるための工夫,聴衆の予測を快く裏切る意外性の効果,Keynote の見せ方など,いろいろ学ぶべきことがある.経営学をやっているある大学教員に教えたら,そのひとも「学生に見せたい」と言っていた.英語が聴き取れなくても,かなり楽しめるだろう.

「ビジネススクール」といえば,競合製品を製品特性空間 (?) に位置づけるところで "If you kind of make a, you know, business school 101 graph of a smart axsis and an easy-to-use axis" (?) と,文字通りビジネススクールの入門クラスみたいな単純図式化が出て来たりしたのは笑えた.というか,それをわざわざ「ビジネススクールの入門科目みたいな」というところが (おそらくアメリカでは珍しくもない言い方なんだろうけど) ボクには可笑しかった.たしかにあのくらいの図式化だったら,わが GSM を修了した MBA にもできるだろう.

追記 (1/20/2007). 関連記事「Steve Jobs はなぜ説得力があるのか」にリンクを追加.

【2007/01/17 08:44 】
| 大学 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<クラシック音楽遥か | ホーム | 鶏の処分は宮崎大学うさぎ狩り部にまかせよ>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/101-3d53d3c7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。