スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
教養学部新設にかんする一考
平成香川大学の教養学部は来年春に開設できるところまで来たように見える.もちろん無意味に開設を先延ばしにしようとする勢力はつねに存在するので,実際に来年春に開設するかどうかは分からない.問題点はまだまだあるだろうが,ここまでプランが固まったらあとはスピードが大切だろう.

これからでも変更可能な問題点としては,環境メジャーに環境経済学がないことが挙げられる.(農業経済学でカバーする可能性がないとはいわないが.) 結果として,「どのていど環境を守るのがいいのか.そのレベルをどう実現するのか」といった問題をバランスよくあつかう科目が不足している感じがする.もちろん環境経済学者にバイアスがないとは言わない,専門家ゆえのバイアスはあるだろう.しかし環境経済学でも学ばなければ,「最適汚染レベル」といったバランスのとれた考え方を学ぶ機会はないかもしれない.

もはや変更するのは難しそうな問題点としては,各メジャーのプログラムの専門性が高すぎることが挙げられる.基礎的な科目を飛ばす一方,応用分野を限定した科目を提供することにより,小数の限定された専門に学生を導くようなプログラムになっている.これは一概に悪いこととはいえないが,「教養学部」のイメージとはかけ離れているんじゃないか.本来の「教養学部」というのは基礎分野の教育に重点を置き,どういう専門に進むかについては学生に最大限の自由を与えることを重視するものだ.いまのプログラムはあまり自由とは言えない.まるで教養学部で学んだことや教えたことがない教員がデザインしたように見える.正常な教養学部を市場経済にたとえれば,この大学の作ろうとしている教養学部は計画経済にたとえられる.(共通の限定された目標を持っている者だけが集まるという前提ならば「計画経済」も悪くない.しかし教養学部はそういう前提を売りにはしないはず.) 新たな学部を作るよりは,それぞれのメジャーを関連学部に組込んだ方がマシだろう.

基礎的な科目を疎かにした結果として,他学部からの教員にとって参加しにくいプログラムになっている.(他学部から教員が参加しないことは結果ではなくて原因なのかもしれないが.) たとえば経済学科目がまったくといっていいほど提供されていない現状では,環境経済学を専門とする教員がいたとしても普通なら教えたがらないだろう.もちろん逆に関連科目がない方がやり易いという教員もいなくはないだろうが,その場合でも2単位では教養科目と大差のないレベルの科目になるにちがいない.

ボクに提供できる科目があるかという点も少し考えてみた.数学や経済学といった関連分野の科目があまりにも少ない (教養科目に限定される) 現状を前提とした教育効果を考えると,「ない」というのが結論だ.この教養学部で科目を提供するくらいなら,教育学部数学科や経済学部経済学科あるいは工学部情報科学科 (以上,正式名とはかぎらない) で提供した方がだいぶ効果的だろう.

以上,新設教養学部の問題点などをいくつか述べたが,「自分が参加しない以上どうでもいい」というのが本音だ.他学部教員の多くも「勝手にやってくれ」という感じだろう.(ボク自身は賛同できないけど) 基本的な路線が固まった以上は,さっさと進めてもらいたい.始めてしまえば解決できる問題について議論ばかりしていても時間の浪費だから.ということで来年度の開設を期待したい.
スポンサーサイト
【2010/08/31 04:20 】
| 大学 | コメント(7) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。