スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
『表現のための実践ロイヤル英文法』

綿貫 陽,マーク・ピーターセン『表現のための実践ロイヤル英文法』(旺文社,2006) が届いた.八田達夫『ミクロ経済学 II 』の文献案内を見て注文することにした本だ.700ページ越えて1800円は安い.索引も十分だし,別冊で暗記用の例文集もついてる.気になる項目をいくつか調べてみた.

なかなかよかった点

  • 116頁.受動態が好まれる場合.
  • 141頁. It is ~ for A to... で that 構文にできるものとできないもの.
  • 345頁.名詞の単数と複数の使い分け.主語が複数で各自が一つずつ何かを持ってる場合など.
  • 367頁.話し手,聞き手と冠詞の使い分け (Helpful Hint 93 など).
  • 376頁.冠詞の省略は絶対的か?
  • 395頁.名詞の繰り返しを避ける that と the one の関係.
  • 512頁.時制の一致の例外と書き手の意図.

やや弱い点

  • 245頁.so that you can/will の区別が不十分.
  • 247頁.科学論文でよく出て来る such that (たぶん satisfying the condition that) の説明がない.

名詞の複数と単数の使い分けや冠詞の使い分け,その他英語論文を書くときのいくつかの疑問については,以下もかなり参考になる:

  • 原田豊太郎. 理系のための英語論文執筆ガイド: ネイティブとの発想のズレはどこか? ブルーバックス. 講談社, 2002.

追記 (1/29/2010). タイポを修正.この本の特徴を一言で言えば,「説明が簡潔なわりに分かりやすい」となるだろう.

スポンサーサイト
【2010/01/28 18:10 】
| | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。