スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
年越し派遣村で出さなかったカニを食べるのは教育サービスを受けるようなもの

世は不景気ということだ.せっかくの不景気の年だから,価値を生み出せない企業や部門が順調に潰れてくれることを期待したい.その分浮いた労働力は,もっと消費者の需要のある---つまり社会に役立つ---分野で生かされることを願っている.どういう分野かは各自探してくれ.それが市場経済だ.

以上,やや遅れた新年の挨拶.特に今年は古い日本が潰れてくれるのを楽しみにしている.(べつに民主党を応援するわけじゃないよ.)

不景気で学生が就職の内定取り消しをくらったりしている.会社員も残業が減ってヒマになったりしている.専門職大学院の教員は,例年になくうれしそうだ.これで定員割れの心配も少なくなりそうだと.じっさいどうかは分からないけど,まあ,そういう効果はあるのだろう.

内定取り消しをもらった学生の深刻さというのは,専門職大学院に参加しないノーマルな大学教員にとっても,なかなか実感を持てないものだ.「そりゃよかったじゃないか.韓国にでも留学して韓国語勉強するといいぞ」とか,自分が密かにやりたいと思っていることを無責任に薦めたりする.

みずからが学生時代安易に卒業を延ばしたり,長年貧困レベルすれすれで生きた経験のある教員もけっこう多い.「自分が大学四年生のときも不況で就職は大変だった.自分はどこにも内定をもらえなかったので,とりあえず大学院に進んだ.いや,卒業を延期したんだっけ.細かいことは忘れたけど,こうやっていつのまにか教授になってた.まあ,就職していたらいまごろは会社役員になって金持ちにはなってたかもしれんが……べつに教授になってしまったからといって自分は恥じてはいない」という感じだ.あはは.

そうじゃなくても,現代の学生はボクらの時代とちがって豊かな生活をしているので,同情というのはむずかしい.そもそも能力的にも開発途上の学生が大部分で,「あれで正社員として採用しなきゃならない企業も大変だろうな」という状態で卒業できてしまう.

さて,日比谷公園の「年越し派遣村」がメディアで不相応な注目を浴びていたようだ.お正月でニュースが欠乏していたという事情もあるだろう.その割には 500 人くらいしか集まらなかったというのは,まだまだ良識を持つ日本人が多いということか.(集まった「ボランティア」は 1600 人以上とか.)

そのニュースを見たボクといえば,高校卒業以来,勉強や仕事で忙しくて,新年に帰郷したのは一度くらい.(典型的な独身男性の正月なんてそんなもの……でもないか.) その村に集まったのも帰郷しないひとたちなんだろうが,そちらは仕事をしたいけど帰郷しない人々ということだった.と書くと分かりにくいな.「仕事を探してはいるけど仕事がない.しかしヒマだからといってまともな仕事についてない状態で帰郷するのも恥ずかしい.生活保護の申請なんてめんどくさそうだし,自分一人だけするのもかっこ悪い」といった感じの,プライドが高いというか,まじめなひとが多いのだろう.いいことだ.(もちろん派遣村で活動家としての「仕事」をこなしていたコアメンバーもいたはずだが.) 「ボクみたいに正月から仕事しなくてもいいじゃん」と思わなくはないが,そんなことを言っていてはニュースとしての切迫感が出ない.(このあたりについては元ジャーナリストの池田信夫が触れている.)

日比谷公園に集まった,仕事の切れ目 (between jobs) にいる人々が温かいご飯を食べているあいだ,ボクもモチくらいは食べた.もちろん帰郷はせずに.そういえばカニも食べた.それが彼らとボクのちがいだ.(彼らとちがって携帯電話こそ持っていないが) カニくらいは食べられるくらいそこそこ恵まれていると,今のようなチャンスがあってもなかなかみずから起業する気にはなれない.全国の失業者のみなさん,労働機会を創出できなくて悪いね.いや,もともとボクのようなビジネスセンスのない人間にはだれも期待してないよなあ…….

派遣労働にたいする規制が強化されたら,大学の非常勤講師はどうなるんだろうか? ふと思った.大学は非常勤の採用をやめ,かわりにボクらの仕事がきつくなるかも.「いや,あれは派遣じゃないから該当しないだろ」といえば,そうかもしれない.しかし不正社員……とは言わないな,なんだっけ? 正社員以外全般にたいする規制が強化されれば似たようなことだ.というか,この非常勤講師の例はあくまでも一般的な問題の構造を指摘することが目的なので,ごちゃごちゃ言うな! 要するに大学非常勤講師に限らない一般論として言おう.働き口が減り,残された仕事の負担は増えるんじゃ? だれがうれしいのか?

ところでカニを食べるというのはあれは消費活動だろうか? 満足を得るためにはかなりの生産的努力を要することは,経験のある者には分かるだろう.ピーナッツの比ではない.ボクは12月にも経験したとき,もう一年くらいはカニを食べたくないと思ったのだが,案外早くこの労働はやってきた.一定の生産的な活動なくしては消費の満足を得られないのが,カニの消費だ.

一定の生産的な活動なくしては消費の満足を得られない商品としてもっと適切な例はないか.ガソリンを入れないで「クルマが動かない」と文句言ったり.お湯をかけもしないで,「このカップラーメンは食えたものでない」と言ったり.それらも例にはちがいないが,たいした生産的努力ではない.やっぱり消費のために相当な努力がいるといえば,教育だろうな.「ガソリンも入れないで「クルマが動かない」と言われても: 教授会から中継」でも書いたけど.

だからなんだって? このブログの左側の information 欄に Reiju の共有アイテムが追加されたことにお気づきだろうか? そこでのつぶやきは,結論を出したり主張を述べたりすることを特に意識してないようだ.アイディアによってなんらかの刺激を得たいひとには,それで十分かもしれない.この記事も同様ということにしておく.

追記 (1/7/09)

タイトルと語句の修正ほか,いろいろ加筆した.

スポンサーサイト
【2009/01/06 23:46 】
| 社会 | コメント(3) | トラックバック(0) |
セクシーな和太鼓

元旦.徹夜で読書をしていたボクは,朝6時過ぎに急に思い立って,初日の出を見に行くことにした.近所の屋島山上へ向かった.普段は寂れた屋島もこの日は人が多かった.

山上からは志度湾 (?) が奇麗に見えた.山の上にかかった雲に反射する初日の出は,幻想的でよかった.

獅子舞をちょっと見て帰りかけたとき,少し離れたところから太鼓の音.「そういえば地元の太鼓保存会が来るとか載ってたな」と思い出しつつ,近づいてみる.だんだん近づくに連れて音が強くなる.どうせ田舎の保存会と思って期待してなかったんだが,様子が少しちがう.「こりゃロックか」と思うような力強い演奏が響いて来る.伝統的な和太鼓とはちょっとちがった現代性を感じた.

近づいて見ると,黒づくめの特攻服のような衣装で演奏してるのはほとんが女性.おっさんが叩いてると思ってたボクはちょっと驚いた.みんなセクシーなノースリーブでときどき腕を大きく上げて脇の下を見せたり,いい感じに腰を動かしたりして情熱的だ.なかなか楽しめたので,けっきょく最後まで見ていた.

若くてけっこうかわいい女子中学生みたいな子もいた.「どうせなら水着で演奏したらもっと客来るんじゃないか」とか,「いや女子高生の超ミニスカート制服でどんどん叩いてくれたほうがもっといいかも」とか思った.でも,現実的な話,一部のおばさん演奏者にとってはそれは厳しそうだ.趣旨が変わってゲテものになってしまう.やっぱあの黒のノースリーブが適度にセクシーでいいのだろう.

あとで調べてみたら,演奏してたのは讃岐国分寺太鼓保存会.なかなかの実力派のようだ.やっぱり曲は現代の作曲家のものだった.

こちらのビデオは服があまりセクシーじゃないけど,演奏はこんな感じ.ボクが聴いたときは,このビデオとちがってみんな熱心に太鼓の方を向いて見物していた.

この日は屋島寺に参ったあと,庵治の皇子神社にも行った.元旦の朝の庵治の町はほとんど人影もなく,中性子爆弾でも落とされたようにひっそりと平和だった.皇子神社はお正月らしくしめ縄がきれいになっていたけど,やっぱり無人で,おみくじなどはなかった.地元の人たちがぽつぽつお参りに来てたていど.

【2009/01/02 09:21 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。