スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
経済学,経営学,見えざる手

経済学は価値のある学問であり,
経営学は価値のない学問である

いや,それは言い過ぎだった.経営学は学問じゃないから.あはは.

ま,ジョーダンはこのくらいにしておこう.価値のないのは経営学じゃなくて経営「学者」だもんな.で,ミクロ経済学が「価値」を中心概念とするのはまちがいない.なんせ「価値の理論」と呼ばれるのだから.

経済学と経営学のちがいはなにか? 研究対象のちがいという基準と方法論のちがいという基準との二次元で分けたり (by 伊藤秀史),均衡論かそうでないかという方法論のちがいで分けたあと,新制度派経済学がどちらであるか分類しようとしてやっぱり混乱したり (by 菊沢研宗).(「パレート均衡」ってのは「パレート最適である競争均衡」といった意味だろうけど,ちょっと略しすぎかも.) まあ,他人はいろいろと試みているようだ.

自分にとって正直,ある研究が経済学であるか経営学であるかはどうでもいいことだ.社会選択理論が経済学であるか政治学であるか倫理学であるか情報科学であるかなんて,どうでもいいじゃないか---というのと同様だ.

しかし自分の参加する組織 (GSM) が,学問のマナーを知らない野蛮人に支配され,彼らの論理で数々の組織的隠蔽行為が正当化されるとき,そして彼らの論理で自分が狂った評価を受けなければならなくなったとき,

「自分まであいつらといっしょにされてはイヤだな」

と思う.

ということで区別を試みてみた.要するに,経営学者は目が悪いのだ.視野が狭いんだろうな.ボクらに見えるものが彼らには見えないらしい.

経済学者にとって,「見えざる手」は見えないものではない. ボクらにとって「見えざる手」というのはあくまでひとつの表現にすぎず,実際はちゃんと説明できる対象なのだ.

ところが経営学者にとって「見えざる手」はほんとに見えないらしい……….しかも,ボクら経済学者にもそれが見えないものであると,彼ら経営学者は思っているらしい.可哀相なひとたちだ.

この記事に手を入れてるあいだに,早くも↓拍手が届いた.Thanks!

追記 (2/25/2008)

「見えざる手」が見えないひとたちは,「マクロ経済学だって個々の企業が見えてないし,ミクロ経済学だって企業内部が見えてないじゃないか」と反論するかも.(古い) マクロ経済学にとっては,たしかに個々の企業は見えないと言えるかもなあ.でも,ありゃあ経済学じゃないから,はっはっは.ミクロ経済学についてはちがってるぞ.企業の内部が「見えない」わけじゃなくて,「見ない」だけだから.で,経営学者は「見ようと思えば「見えざる手」を見ることはできるけど,必要がないから見ないだけだよ」って言えるのかな?

スポンサーサイト
【2008/02/24 12:14 】
| 社会科学 | コメント(7) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。