スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
気になるネットワーク

前回記事「ゴールデンウィーク雑記: パソコン編」では,階層的組織とかツリーとか家系図の作成などの話が出て来た.これらはグラフ理論でいう「グラフ」あるいはその拡張として表現できるだろう.グラフとその簡単な拡張は「ネットワーク」とよばれることもある.理由を自覚していなかったが,さいきんボクはネットワークに関心があるようだ.そこで,ボクが最近ネットワークに興味がある理由を少し列挙しておこう.列挙することに意味があるのか? それによって素晴らしい発想が出て来るのかどうかは自分では分からない.しかし読者によってはここから革新的な研究を生みだしてくれるかもしれない (笑).

  • ビジネススクールにいるからには組織デザインに興味があってもわるくないだろう.こちらに任せてくれ (頼むから引き受けないでくれ!) というのに自分から仕事を引き受け,それを放置して滞らせる上司がいたりするだろうし.で,機能別組織 (階層になったやつ) にせよ,(ちょっと厳しいが) マトリックス組織にせよ,ネットワークとして表現できる.

    先日拾い読みした高橋伸夫の「英文論文のすすめ」(『リサーチマインド経営学研究法』) でちょっと気になった記述があった.ツーボスモデルがマトリックス組織だと高橋が発言して経営学の大家に叱られたというところだ (278頁).試しに機能別組織を修正して上司が二人ずついるような図を描き,それをマトリックス組織図に変換してみた.できないことはないけど,いちばんマトリックスに近いやつはもとの組織図の点と辺がほぼひっくりかえったグラフになった.つまり (もとの図で点を個人と解釈すれば) そのやり方で導かれたマトリックスの点は個人とは解釈できない.Two-boss というのはマトリックスの点が接続する辺につけられたラベルが二人分あるという意味なんだろうけど,点が個人じゃない以上,two-boss と言っていいか? 上記のように修正した機能別組織がマトリックス組織と同一視できると言っていいか? そんな疑問を持った.

  • 以前見たジャーナルランキングのペーパーが忘れられない (読みたいリストに入ったままだ).経済理論でいうところのネットワークモデルといえば,個人を点と見て安定なネットワークを探るものをまず思いつくだろう.このペーパーはそれとはぜんぜんちがう.ジャーナル (あるいは論文だっけ) を点と見て,引用関係を分析することでジャーナルをランクする.
  • ボクのこれまでの研究は大部分が提携とそのあつまりにかんするものだった.「提携」というのは単に個人の集まりのことなんだが,その提携内部でどういうふうに個人が関係しているかは記述しない.ネットワーク (グラフ理論でいうグラフ) はそこの関係まで記述できる.つまりネットワークはより記述力の高いオブジェクトであるので,より広い現象をあつかうことができる.
  • だいぶ前から家系図を作成しようと思っているのだが,着手できていない.

    前回記事では家系図専用のソフトウエアを使わないとむずかしそうと書いた.だが,グラフ理論とか社会ネットワーク分析用ソフトウエアを使うのはどうなんだろう? たとえば Mathematica (with Combinatorica and Sociometrica) とか UCINET というのがあるらしい.ただ,グラフ理論でいう「グラフ」っていうのは点と辺からなっていて,辺というのは二点を対応させる「2項関係」から来ている.ところが親子関係というのは「父・母・子」の3項関係としてあつかうのが自然 (長男とか長女といった子供の性別や順番を問題にするならもっと複雑).父母からひとつの点を作ってその「夫婦点」と子を対応させれば2項関係にできないことはないが,点の意味が個人になったり夫婦になったりしてはあまり望ましくないだろう.(とりあえず母子関係だけを考えて,夫婦関係はべつに考えるというのは却下.その母の「夫」が複数いる状況を考えれば分かるだろう.) ただ,たかが家系図を作るのに,「社会ネットワーク分析用のソフトウエアの視覚化機能を使えるかも」というバカバカしい発想がわれながら気に入った.

    ちなみに社会学だけでなく経済理論でも最近はネットワークを考える文献が多い.(上でもちょっと言った.編集が中途半端ですまない.) 個人を点とするのはいいのだが,辺の意味が曖昧に扱われることが少なくない傾向は気になる.「辺」の意味するのが,命令系統での「主従関係」なのか,単に情報伝達経路なのか,はたまた親子関係,あるいは夫婦関係あるいは愛人関係なのか,区別しなければならないところで区別されていないのはちょっと問題だろう.というか,それらの意味を意識して区別するようになったら,研究対象もますます広がると思う.

  • そういえば来学期ネットワーク理論を教えるので勉強しなければ.最短路問題,最大流問題,最小費用流問題とか.
スポンサーサイト
【2007/05/05 15:45 】
| 社会科学 | コメント(0) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。