スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
交詢社の紳士録がなくなるらしい

120年近く続いて来た人名録の元祖「日本紳士録」(発売・交詢社出版局,発行・ぎょうせい) が今月刊行の第80版で休刊することになったそうだ (「消える“名士の誇り”日本紳士録…120年に幕」).まだまだ続くと安易に考えていたので,意外だ.

ちなみにこの記念すべき第80版にはボクの名前も載ることになっている (ただし「平凡助教授」とはちがう仮の名で).ここのところ数年間,掲載の誘いが来ていた気がする.「大学で求められる社会貢献あたりの対策になるかも (たぶん無理だろうけど)」というわけで,今回は掲載することにしたのだ.それが最終版になるとは,ちょっと驚き.

居の上さん (交殉社): ということで,まちがいなく第80版には載りますので.

平凡助教授: それは光栄ですねえ.[ボクとしては当然ながら「人格、識見ともに日本人の代表たりうる人」ってわけだ.ひとを研究者あつかいしない,態度でかいアホ学長もこれで黙るかも……]

居の上さん: ところで,先生,よかったらご購入なさいませんか.

平凡助教授: アハハ.10万円は高すぎますよ.[2000円くらいなら親への土産として買ってもいいんだけど……] 大学教授のようなケチな人種じゃなくて,もっとお金の余ってる紳士に頼んでくださいよ.

居の上さん: さようでございますか.では,またいずれということでお願いしておきますよ.

残念ながら (ということはないが),その「いずれ」はもう来ないみたいだ.やはり平凡助教授まで載るような状況というのは,この栄誉ある紳士録としては末期症状だったということなんだろうな.合掌.

引用記事に「レトロ風の赤い装丁と高価格も相乗し、まさに貫禄(かんろく)ある人名録となった」とあるけど,こういう強気の価格設定もシグナリング (←天谷というゲーム理論家があげてる例の「逆」っぽいけど) というのかしらん.

スポンサーサイト
【2007/04/21 08:49 】
| 社会 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。