スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
クラシック音楽遥か

「ヴァイオリンというものはさして特別なものではないと、弾かなくなった今でも感じるのですが、私の現在の周囲の人々の中では、クラシック自体・楽器を演奏するということ自体がピンとこない感じの様子です」とは,都会に在住しているとは思えない青嵐さんの言.そうか? バイオリンはけっこう特別じゃないか? (親と妹の住む) うちにはたしかシタールとマンドリンはあったはずだが,バイオリンはなかったと思うぞ.おっとヴァイオリンと書くのかな.で,クラッシックといえるかどうか分からないが,ピアノを習うひとはたくさんいるでしょう.うちでもボクはその被害にあったものだ.いや,ボクが習わされたというわけじゃない.妹が習い始めたのに合わせて母親も独習で始めたので,ボクは小さいころからふたりの弾く直立ピアノの騒音に悩まされたものだ.

おまけに (体操の推薦で高校に入り,いったん入ったら喧嘩して体操止めた) 妹は短大で音楽科に進んだので,演奏時間は減って行かなかった.(下の家の隣に声楽家が住んでいて短大の教員をやってたので,たぶん今度はそちらの推薦で裏口入学でもしたんだろう.いや,裏口が必要なほどレベルの高いところではなかったので,表口かもしれんが.) 音楽科生割引でグランドピアノも買ったか買い替えたので,ピアノは二台になった.ピアノを買い替えても音が良くなるわけでもなくて (いや,良くなったが,聴くに堪えるにはまだだった),ボクはその後も家族が弾くピアノは聞きたくもなかった.(といいつつ,そのころは別居していたはずなので前後関係がどこかおかしいのだが.やはりグランドピアノは前からあったんだろうか.それともアップライトを買い替えたんだろうか.) でも,たまに親戚の奇麗なピアニストのお姉さんがうちに来て鮮やかに弾いてくれることがあって,そのときうちのピアノがボロなわけではないことを改めて発見するのだった.ピアノが悪いのではなく,母親と妹の弾き方が悪かっただけなのだ.

ボクが好きな曲はバッハ,そしてオルガンに偏っている.大学院留学時代はそんな CD ばかりを買い貯めたものだ.オーケストラは好きになれず.いっぺんにたくさんの楽器が鳴るとどれを聞けばいいか分からないからなあ.複雑さについていけないということか.でも弦楽器のばあいソロではもの足りず,室内楽団くらいがちょうどいい.でもやはりソロ自体,つまりひとりで演奏しているという事実自体,が好きで,そうなるともっとも複雑で可能性の高い楽器 (?) であるパイプオルガンという選択肢が残った.あれはすごい楽器だけど自分の家に置けるひとは少ないだろう.

ヴァイオリンで好きな曲ってあっただろうか? 押し入れに入っている CD コレクションを少し探してみた.バッハの無伴奏バイオリンってなかったけ (もちろん作ればあるんだけど)? Yo-Yo Ma の無伴奏チェロは出て来たけど,ヴァイオリンは見当たらず.でも聞いた気がするんだけどなあ.「これってほんとうに一台で弾いているの?」と疑ってしまいそうなところがいい.そういう意味では,Midori の演奏する Paganini のバイオリンソロ (24 Caprices for Solo Violin, Op. 1) なんかすごい.最後の No. 24 あたりとか,ほとんど不可能そうな感じのところがいくつかある.青嵐さん弾けないかな? いやあ,ボクって意地悪いな.

スポンサーサイト
【2007/01/29 11:54 】
| | コメント(5) | トラックバック(1) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。