スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
経済学部新プログラムの外部評価

新年度のこの時期は修学案内やシラバスを熟読するのが慣例になっている平凡助教授だ.法学部や教育学部の修学案内はときどきしか入手していないが,経済学部や経済学研究科のものは他組織に移ったあとも入手している.今年度,経済学部サイトからボクの名前は消えてしまった.ボクは経済学部の併任を解かれたようだ.ただ,わが研究科の専任教員全員が解かれたわけではない.経済学部教育について熱心に発言するようなやっかいな教員が外された模様だ.おそらくボクは今後,経済学部の科目担当を要請されることはないであろう.それなのに相変わらず修学案内と全科目のシラバスは暗記するほど読んだ.そうする大きな理由は,ボクがまだ学部教養教育の担当を外れていないことにある.教養科目を担当するためには,その科目の分野に近い学部でどのような科目が提供されているのかを知っておく必要があると考えるからだ.経済学部はわが大学院研究科の潜在的な人材供給源であるのも理由である.関心ある分野の有力テキストをシラバスで知ることもある.だが,そんな理由を度外視しても,今年度の経済学部修学案内は面白いものだった.カリキュラム改革があって,プログラム (カリキュラム; 履修規定) が刷新されたためだ.

ほとんどかかわりのないリマーク.新年度とは言ったが,まだ春休みは終わっていないはずだ.春休みにした印象深かったことといえば,(温泉宿あらぬアパホテル泊で金沢に行き) ほとんど客のいない金沢蓄音器館で蓄音機の生の音色を聞いて来たことだ.さすがに生の音はネットでは聞けない.11台もの蓄音器の実演を一時間近くかけて試聴できるとは期待していなかった.円筒状のロウのものをエジソン社の蓄音器でプレイするのを聞けたり,なかなか満足度は高かった.二,三おもしろい展示もあった金沢21世紀美術館よりも満足度が高かったかも.オーディオマニアは一度は行くべきだろう.ちなみに自分はオーディオマニアではないけど.しかし本文からかなり脱線してるな,このリマーク.

以下,経済学部新プログラムについて気づいたことを思いつくまま列挙する.(システマティックに整理するのは面倒だからね.) ボクは経済学部とは関係ないので,これは「外部評価」ということになる.

  • いちばんの進歩は,各学科の科目について複数の履修モデルを示したことだろう.ボク個人もかつて示したことのある私的な履修モデルほどではないにしても (同僚への遠慮などあるのだろう),重点を置くべき科目などを文章で示した意義は大きい.(モデルとして挙っている表自体は重点が分からないのであまり良くない.) 履修モデルは進路別に「公務員」「大学院進学」「総務系経営管理部門」「経済記者担当」「新聞社の海外部門」「県観光振興課など」など,一部には真面目だか冗談だか分からないものもある.おせっかいかもしれないが,モデルであって規定ではないのでいいだろう.
  • 各学科に複数の「コース」(プログラム) が設けられた.履修モデルがあるのに,「コース制」まで導入するのはパターナリスティックというか,余計なお世話かもしれない.工夫すれば学科単一プログラムで対応できたのではないか.事実,経済学部は「コース制」を無意味だということで数年前に廃止したばかりだ.モデルはモデルとして自由に作ればいいが,規定にしてまで各学科を細かく分ける必要はなかったのではないか.受験生へのシグナルとしてはモデルで十分ではないだろうか.
  • コース制でいう「コース」を決めるのが早すぎる.「各学科の学生は2年次から学科が開設しているコースに所属する」となっている.コース科目をとらないうちに所属コースを決めろということか.一方,所属コースによって演習を履修できる教員が制限されるわけではない.コース決定は卒業 (申請) 時で問題ないはずだ
  • コース科目として憲法や民法などの法学部科目を入れたことは大きい.たしか過去には他学部科目として法学部科目がリストされているだけで,プログラム上の位置づけは低かったと思う.ただ,コース科目としてカウントされる法学部科目はたかだか6科目14単位である.他学部科目として取らせることもできたはずだ.(ちなみに前年度までの規定では他学部科目を16単位まで卒業要件に入れられた.) 時間割上の連携をするなどでない限り,この画期的な変更もボクには単なるパターナリズムに映る.ちなみにボク個人が学部生だったころは社会科学科所属だったが,理学科の数学の授業を大量に取っていた.
  • 大学院科目を特別講義として履修できるようにしたのも評価できる.ただ,実現するまでがひじょうに長かった.
  • ほとんどすべての科目が 2 単位になった.実施方法によっては,これが最大の問題だと思う.集中的に学ばなければ結局はマスターできない科目は多い.ミクロ経済学を一週間一コマで一年もかけて教えることを想像するとぞっとする.(分かりにくい人は,コンピュータプログラムを一週間一コマずつ勉強して行くことを想像してはどうだろう.これも分かりにくいか.要するに間が空くと無駄が多いのだ.) 本来4単位で教えるべき内容は,たとえ2単位2科目に分割されたところで,同一学期の前半と後半で続けて教えるといった工夫が必要だろう.
  • 提供科目は増えたかどうか.4単位科目が2単位ものに分割されたりしたために,見かけ上は科目数は増えている.しかし経済学科の常設科目は実質減っているように見える.たとえば4+2単位だったミクロ経済学 I, II は 2+2 単位になった.労働経済学は消えてしまった.(4/10/06 追記: 2004 年度にかなりの教員が GSM に移った以前は,非協力ゲーム理論,協力ゲーム理論ほか,さまざまな地域科学の科目もあった.) ただ,ボク個人は常設科目は絞った方がいいと主張していたので,科目自体が減ることは問題にはしない.特別講義で (やや望ましさは落ちるが演習でも) 柔軟に追加科目を出せばいい.

リマーク.「パターナリズム」で,春休みに読んだ永谷 (2003) 『経済学で読み解く教育問題』(東洋経済) を思い出した.学生を甘やかし過ぎと言う著者の教育批判が痛快だった.だいぶおかしくなっているわが大学はじめ,すべての大学の教員に薦められる本である.これを学部新入生に読ませたら勉強するようになるだろうか,それとも逆効果だろうか.入学式の学長式辞のネタに使えば,効果がプラスかマイナスかは分からないが,ひと味ちがった式辞になるだろう.教育経済学の「テキスト」としては使えないだろう.しかしいちぶの議論 (教育政策手段としてのバウチャーと価格補助金,契約理論,比較優位など) はミクロ経済学のテキストを補完するのにいいかもしれない.

スポンサーサイト
【2006/04/08 23:57 】
| 大学 | コメント(4) | トラックバック(0) |
大学教授にセックスしてもらえる特区

香川大学は3月に準強制わいせつの罪で懲役二年の実刑判決を受けた岩月謙司教育学部教授を懲戒解雇した (四国新聞).わいせつな行為をしたということで相談者の女性に訴えられていたものだ.その女性は,教授の著作などでその独特な心理療法を知って自発的に教授を訪れていた.教授側はその女性の意思に反することはなかったと言っているので,なんらかのコミュニケーションの失敗があったのだろう.

で,懲戒解雇の理由はなんだったのだろう? 国立大学法人香川大学職員就業規則に以下の記述がある.

(諭旨解雇又は懲戒解雇事由)
第69条 職員が次の各号の1に該当する場合は、諭旨解雇又は懲戒解雇する。ただし、 情状により、諭旨解雇又は懲戒解雇以外の懲戒処分にとどめることがある。

  • (1) 正当な理由なく、無断欠勤が1月の内に21日(連続している場合は休日を含む。) 以上に及び、再三にわたる出勤命令に応じない場合
  • (2) 他の職員、来訪者、学生又は患者に対して暴行・強迫行為に及んだ場合
  • (3) 倫理又はハラスメントに関する規定に対する重大な違反行為があった場合
  • (4) 大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた場合
  • (5) 故意又は重大な過失により、大学法人に重大な損害を与えた場合
  • (6) 禁錮以上の刑に処せられた場合
  • (7) その他前各号に準ずる事由が生じた場合

報道によれば,懲戒解雇にいたった理由は以下のようなものだ.実刑判決に加え,公判を通じ同教授が約二十人の相談者と「タントラ」と称して性行為におよんでいたことが事実認定された点を重視し,「大学教授の行為としては許されない」と判断した.また,一井学長は「社会的使命を担う大学の名誉と信用を失いかねない事態を招いた」と謝罪している.こららの報道から考えると,上記の理由で該当する可能性があるのは 3, 4, 6 あたりだろう.

  • (3) 相談者は大学関係者ではないのでハラスメントとは考えにくい.倫理規定についても,大学のコンプライアンス・ガイドラインや行動規範に反するようなことは見当たらない.一般的な学問倫理,医療倫理に反するものとしては,たとえば対象となる人間の同意を得ていなかったというのがあるだろう.しかし,これについては相談者の女性と岩月側の主張が一致していないので本当のところは分からない.
  • (4) 岩月教授の行為が大学の名誉又は信用を著しく傷つけたとは学長さえ言っていない.それらを「失いかねない事態を招いた」と言っているだけだ.じっさいのところ,一教授の行為は大学が公式に行ったこととはちがうので,(いちぶその区別が分からないバカが騒ぐのは仕方ないとして) 大学の名誉にはほとんど影響しない.「大学教授の行為としては許されない」とされた性行為にしても,なにが不名誉なのだろう.大学教授が同意の上で学外の女性とセックスをするのは許されないのか? 人数が多い (?) から駄目なのか? 何人だったら問題ないのか? 学外でやったから駄目なのか? いろいろと疑問が出て来る. そもそも学者が自分の信じる主張をすれば,社会常識に反するばあいがある.それを「大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた」として処分する規則の方が問題だろう.
  • (6) 懲役二年の実刑判決を受けたので,これは該当する.ただし岩月元教授側は判決を不服として控訴している.

香川大学は教授を解雇などせずに特区申請でもすればよかったのだ.異端の心理療法や治療を一般人が (もともと資格のない岩月のような研究者から) 受けられる環境を整えればよかった.それは香川大学のめざす地域貢献にもなる.

たしかにひとりの女性とはコミュニケーションの失敗があったかもしれない.しかし人間を相手にする以上,百パーセントの成功というのはありえない.育て直しのような異端の療法を施せば,一割や二割くらいから苦情が来るのは当たり前だろう.たとえ不満足がいちぶあったとしても,犯罪など致命的な欠陥がない限り (今回はおかしな裁判官の趣味で犯罪とされてしまったのだが) やり続けていい.そして,大部分の「顧客」が満足しているなら,やり続けてもらうほうが社会的には望ましい.(社会的に望ましくても,教授個人にとってはコストが大きいため提供するのが損ということはある.) もし続けていれば美容整形やペットや占いと同様あるいはそれ以上に,多くの女性を救うことができたはずだ.希望者にはおむつプレーのみならず「タントラ」なるセックスも提供できたかもしれない.素晴らしいことではないか.

たしかに岩月教授の研究やそれから派生したと思われる療法は異端だったかもしれない.(私個人は彼の一連の研究を「科学」とはみなしていない.反証可能性」など「科学」の条件を供えていないからだ.) しかし異端であるとか科学でないというだけでは大学から追放すべき理由にはならない.主流派経済学からみれば,マルクス主義経済学は根本から誤っている異端であり,マルクス主義自体は信仰であって科学ではない.だからといって,マルクス経済学を大学から完全に追放した方がいいということにはなっていない.学問では,なにが正しいかについて最終的な決着はついていない.今日の異端は明日の主流になるかもしれない.この大学の一井眞比古学長が最近メールマガジンに寄稿しているように,大学は多様性を認めなければ学問的使命をまっとうできない.学長にはリップサービスだけではなく,大学と学問にとって必要な自由を真剣に守ってもらいたかった.

【2006/04/08 23:36 】
| 大学 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。