スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
他県とほぼ同じ問題ばかりを入試に出題してしまった清水東高校

べつに悪くないぞ.大学院入試なんか,科目によっては大部分の問題が (同じ大学院研究科の) 数年前のと同じなんてことはざら.

共同通信の記事によると,理系のすべての問題が他県の入試問題とほぼ同じか類似性が高かったらしい.全部で 5 問あるうち 1 問が福島県立高校の過去問題と酷似,1 問が2003年の法政二高(神奈川県)の問題とほぼ同じ,その他の問題も岐阜県の公立高校や熊本県の公立高校,愛媛県の私立高校などの過去の入試問題と図や設問が類似していたという.これらの問題を作成した教諭は市販の過去問題集を使ったとのこと.

じゅうぶん分散してるじゃないか.問題なし.こんなんで有名になれるなら,「うちの大学を取材しに来たら!」と言いたくなる.

追記.本文以上の説明は必要ないと思ったのだが,以前ネタにし損ねたある新聞記事を思い出したので追加する. 高校入試の理系問題なんてのはとても範囲が限られている.独自の問題を出すこともできなくはないだろうが,そうすると奇問だとか難問だとか言われるのがオチではないか.奇問難問と言われるのを避けるために丁寧に状況を説明したりすると,今度は「問題文が長すぎる」と言われるだろう.その上,理科の問題は数字をちょっと変えるだけでもあり得ない状況になってしまうのも悩ましい.だいぶ前の産経の記事にも「私立中入試算数 問題文に問題あり あり得ぬ設定多数 濃度30%食塩水 一晩で半減する生物」なんてのがあった.

ありえない状況ならまだマシだが,問題によってはちょっと数字を変えただけで同じ解き方が使えなくなって,難易度がぐっと上がったりするのでやっかいだ.しかもそのことに出題者が気づいていないこともある.たとえば経済理論でいえば予算制約下での効用最大化なんかがそうだ.もともと xy と表されていた効用関数を (x+1) y に変えただけで,ある機械的な解き方は使えなくなってしまう.しかし公務員試験対策問題集なんかは,その事実に気づかずに誤った解答を載せているものが多い.

追記 (11/9/06). さいきん「大学入試過去問活用宣言」なるものが発表された.これで入学試験における過去問の利用そのものは悪くないことは理解できたと思う.清水東高校の関係者は「謝ってはならないことを謝る醜い日本人」の一例だったことはほぼ明らかだろう.謝ってはならないことを謝ったことを謝ってもらいたいものだ.

ただ,「活用宣言」の中身はまだまだ遠慮がちというか,不可解なものだ.つまらない先延ばしをしている (「入試過去問題活用は平成20年度入試(平成20年2-3月実施)から開始します」) だけでなく,「入試過去問題活用宣言への参加は、入試要項などで事前に公表し、使用過去問題については、入試終了後、原問題作成大学に通知すると同時に、受験生に分かるような形で公表します」といった親切すぎる方針までふくまれている.(そういう方針を打ち出すことによって,まるでその宣言に参加しない大学は過去問を使えないような誤解を作り出したいのだろう.そうすることで,参加校を増やそうという魂胆にちがいない.) 入試問題なんて公共財だよ.財産権のようなものを主張するものじゃあない.宣言不参加校も自由に過去問を利用していいということこそを宣言すべきだった.

そもそもやることが中途半端すぎる.過去問の利用なんてのは現状の追認にすぎない.そんなことよりも,入学試験を共同で実施するといった,もうちょっと新しいことを宣言してもらいたかった.同じ問題を使って複数の大学で同時に入学試験をやり,それらどの大学で受験してもいいことにすればいい.その方が受験生の移動も少なくて済むはずだ.

スポンサーサイト
【2006/03/07 20:05 】
| 社会 | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。