スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
学校間の競争は学校の質を高めるか

「学校に競争させてもしょうがない」……過度に単純化すればそういうことを言いたいのかな (?) と思われるペーパーを Journal of Public Economics の最新号に見つけた: Gianni De Fraja and Pedro Landeras, Could do better: The effectiveness of incentives and competition in schools, Journal of Public Economics, Volume 90, Issues 1-2, January 2006, Pages 189-213.

ボクは「教育は特別だ.一般企業と同等な経済的効率性で測ることはできない」といった類いの,教育関係者にありがちな非科学的態度というか,反経済学的精神論があまり好きでない (リマーク参照).競争は大切だと思う.しかし,自分が大学という教育機関にあって,非生産的な浪費としか考えられない類いの妙な競争が流行しているのを見るにつけ,なにかおかしいと感じて来た.いまの競争は,便益は一切抜きにして,コストの大きさだけを教員に競わせているのではないかと思えるほどだ.(しかもコストが低い方が望ましいのではなく,高い方が望ましいことになっている.)

このペーパーはそのような単純な費用便益の観点からのものではない.もう少しひねりがある.「顧客の特質が学校のアウトプットの質に影響を与える」という,普通の企業じゃあまり見られない "customer-input technology" という特徴を重視しているのだ.教育機関を特別視しているんだが,その程度なら許そう.

経済学のペーパーだけど,苦手なモデルを使っているので,解説はしない.読者の中に,自分ならうまく解説できるというひとがいれば,コメントするなり,トラックバックするなりしてくれるといい.なお,html のフルテキストの方はかなりめちゃくちゃなので,読むなら pdf か印刷版を読むべきだ.

リマーク.一般に,ある文章に「経済的効率性」という言葉が出て来たら,その文章はひじょうに高い確率で非科学的・非論理的なものであるので,疑ってかかった方がいい.たとえ「経済効率性を高めることが重要だ」という方向の議論であったとしてもだ.経済学者は通常,「効率性」に「経済的」という形容をしない.(「それはちがう」と思う経済学徒はコメントしてくれ.経済学者の一部にそういう「方言」を使うグループもあるかもしれない.) その形容をするときは,読者に迎合するなどの,なにか特別な意図があるときだ.

スポンサーサイト
【2006/01/15 12:43 】
| 社会科学 | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。