スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
ボクの支持する政治家: 日米安保条約がなければ「平和」憲法自体が成り立たない!
それがどうしたと言われそうな話題だが,まあいいか.ちょっと感心するニュースを目にしたんで.こんな記事でも(大学サーバー上に公開したら)文句をつけられる可能性なきにしもあらずだから,大学の web サーバーのガイドラインは困ったものだ.

あくまでも政治家たちのなかでの比較の話だが,支持する政治家はいないことはない.中曽根康弘 元首相,小泉純一郎 首相,安倍晋三 自由民主党幹事長代理,そして町村信孝 外務大臣だ.まあ外交政策が保守的で,自由市場をわりと大切にすればとりあえず支持できるということだろうな.

憲法が日米安全保障条約よりたいせつなんてありえない! 日米安保条約(アメリカの軍事力)がなければ「平和」憲法自体が成り立たない!

自分はそう思っているひとりなので.その現実から目をそらす人は政治家としては支持しない.特に,中国共産党と適度な距離をたもてないひとはダメ.あれは基本的には敵国なんだから.消去法で彼らが残ったというべきか.

小泉純一郎氏については,首相になったときこれは長期政権になりそうだと思った.3年は確実に持つと思ったが,もう4年だっけ.もっとスピードがあればなおいい.首相になったときもうひとつ思ったのは,このひとはひょっとしたら中曽根氏を超える政治家になるんじゃないかということだった.超えしまったかどうかは分からない.ただ,2003年に小泉首相が「政治的テロだ」と反発されながらも中曽根氏をやめさせた (衆議院選挙への立候補を認めなかった) ときは驚いたものだ.一方,支持できなかったことのトップは,田中眞紀子氏を外務大臣にしたこと.辞めさせたからいいけどね.

中曽根首相は支持する理由さえ忘れてしまった.とにかく立派な政治家だ.最近,河野洋平衆院議長が五人の首相経験者を招いて小泉純一郎首相の靖国神社参拝取りやめを提起したときも,中曽根氏は「立法府の長が,行政府の長の経験者を呼びつけて意見を聞くことはあり得ない」と出席を断ったという (産經新聞).単に河野洋平氏が (正しいとされる意味ではなく,通常誤用される意味で) 役不足だから断ったのかもしれないが,他の政治家に頼まれてもやはり中曽根さんは断ったと思う.

安倍晋三氏と町村信孝氏は基本的には国益を踏み外さない政治家だと思う.彼ら自身はそうは発言しないだろうが,日米安保条約がなければ憲法が成り立たないことを分かってるひとたちだろう.なんだ自民党にも人材はいるじゃないかという感じだ.ただし町村信孝氏は通産省出身のためか,市場への積極的な介入がいいことだと思っている節があるのは少し気になる.
スポンサーサイト
【2005/06/03 08:47 】
| 社会 | コメント(5) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。