スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
瀬戸内のもったいない島,大島
その島でボクらを出迎えてくれたのは,口蹄疫で隔離・殺傷処分された牛たちやブタたちをイメージした芸術作品ではなく,低層建築の寮や病棟が小奇麗にならんだのどかな風景だった.

高松市庵治の沖合いにある大島は,島のほぼ全体が国立療養所大島青松園となっている,人口約100人のちょっと特殊な島だ.ボクらは瀬戸内国際芸術祭の作品鑑賞も兼ねて訪れてみた.一時間ほどのツアーでは,もともと島にある「納骨堂」や「風の舞」のほか,芸術祭関連の「古いもの/捨てられないもの展」などを巡った.

島民 (入所者) の生活はこんな感じで進行してきた:
  1. 癩病 (いまは「ハンセン病」と呼ぶ; 「反戦病」ではない) にかかる.
  2. 療養施設に強制隔離される.(以下はそのひとつである大島青松園を想定した記述.)
  3. ずっと島内で治療と生活 (いまは島外に出れる).住居や食事や医療については特に問題なさそう.小さな島のわりには宗教施設はとても充実.(島全体が国立療養所であるはずだが,なぜかそのなかにこういうモダンな教会や寺院がある.「ということは,国立大学で宗教行事をやっても問題ないということか?」と素朴な疑問を抱いた.) 公園などレクリエーション関係はまあまあか.島は (どこかの宗教団体の信者さんが掃除したみたいに) 奇麗に掃除されていて,「ケイパビリティ・アプローチ」を説くアマルティア・センの信奉者なら絶賛するような環境かも (?).たぶん遊郭はなかっただろうが,通い婚などでセックスはできた.ただし生まれた子供は中絶された (どこかの国みたいだ).
  4. 島を去りたい人は去る (ある時期以降可能になった).そうでないひとは一生島で暮らす.
  5. 解剖台の上で遺体解剖される (1980年頃まで?; 例によって厚生労働省に記録は残ってない模様).この展示物はちょっと気持ち悪かった.
  6. 島の北側の火葬場で焼かれる (ある時期以降).
  7. 遺灰は納骨堂へ.船着き場からよく見えるドーム型の建物.
  8. 残りの遺灰は火葬場に隣接する「風の舞」へ.円錐形のオブジェが置いてある,眺めのよいこの場所は「せめて死後の魂は風にのって島を離れ,自由に解き放たれますように」との願いが込められた作品らしい.それに呼応するかのように,ちょうど上空を風に乗って鳥が舞っていた
いや,以上はミクロな「生活」というよりはマクロな「一生」と言うべきか.じつは今回はボクが医療施設の建物内に入らなかったせいか,とても暑い日だったせいか,入所者らしいひとは2名程度しか見かけなかった.そのためミクロな「生活」を語るほどの情報を得られなかった事情もある.(ただ,ひとり入所者らしき高齢のおじさんがいて,「チリの炭坑のひとたち??名は大変やなあ,700メートルの地下で30なんとか度の暑い中,何月何日まで出れんらしい」とやたら数字を交えて早口でまくしたてたり,ボランティアのお姉さんに「あんた,彼氏はいるの?」とか聞いてた.笑) 

「生活」といえば,そういえば自動販売機にはビール類が多かった.郵便局があって,その名前がなぜか「千歳郵便局」だった.

いずれにせよ,隔離されて上記の手順で「処分」されて来た島民の歴史を思うと,口蹄疫の殺処分が連想されて仕方ない.厚生労働省が本質的に変わってないことは明らかじゃないだろうか.

それにしても人口約百人の島にあれだけの療養所や宗教施設が揃っているのはもったいない.ほかの病気の患者を受け入れるとか,老人ホームにするとか,もっと有効利用できないのだろうか.帰りの船のなかで,「[島民は] ある意味いい生活してますよ」と声をかけて来たおばさんに言われながら思った.
スポンサーサイト
【2010/09/13 18:42 】
| 地域情報 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。