スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
『表現のための実践ロイヤル英文法』

綿貫 陽,マーク・ピーターセン『表現のための実践ロイヤル英文法』(旺文社,2006) が届いた.八田達夫『ミクロ経済学 II 』の文献案内を見て注文することにした本だ.700ページ越えて1800円は安い.索引も十分だし,別冊で暗記用の例文集もついてる.気になる項目をいくつか調べてみた.

なかなかよかった点

  • 116頁.受動態が好まれる場合.
  • 141頁. It is ~ for A to... で that 構文にできるものとできないもの.
  • 345頁.名詞の単数と複数の使い分け.主語が複数で各自が一つずつ何かを持ってる場合など.
  • 367頁.話し手,聞き手と冠詞の使い分け (Helpful Hint 93 など).
  • 376頁.冠詞の省略は絶対的か?
  • 395頁.名詞の繰り返しを避ける that と the one の関係.
  • 512頁.時制の一致の例外と書き手の意図.

やや弱い点

  • 245頁.so that you can/will の区別が不十分.
  • 247頁.科学論文でよく出て来る such that (たぶん satisfying the condition that) の説明がない.

名詞の複数と単数の使い分けや冠詞の使い分け,その他英語論文を書くときのいくつかの疑問については,以下もかなり参考になる:

  • 原田豊太郎. 理系のための英語論文執筆ガイド: ネイティブとの発想のズレはどこか? ブルーバックス. 講談社, 2002.

追記 (1/29/2010). タイポを修正.この本の特徴を一言で言えば,「説明が簡潔なわりに分かりやすい」となるだろう.

スポンサーサイト
【2010/01/28 18:10 】
| | コメント(2) | トラックバック(0) |
犬島アートプロジェクト: やけに美しい精錬所跡と三島由紀夫の怨念

船を乗り継いで,犬島アートプロジェクト「精錬所」(Inujima Art Project Seirensho) に行って来た.やけに美しい廃墟のなかに埋め込まれた美術館内で,三島由紀夫の文字に込められた怨念を感じ取ることができる.廃墟と美術館の組合せは意外と少ないかもしれない.

三島と犬島とはなんの関係もない (はずだ).たかだか「島」の字が共通するくらいだ.もちろんアーティストは「日本の近代化のありかたに疑問」とかなんとか言って結びつけるかもしれない.鑑賞する人がかすれる程度の関連をそこに見いだすとき,その意外性に想像力をかき立てられるということだろう.少なくとも三島に関連する博物館や記念館で「旧三島宅」として見せられるような退屈さはない.

蛇足

  • 「三島由紀夫ってだれだ?」って疑問に思う人はあまりいないと思うが,念のために補足しておく.大阪万博のあった1970年に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に籠城して自衛隊決起を促す演説をしたあと自決した右翼文学者だ.洋書店の日本関係コーナーでおなじみの Mishima と言った方が分かりやすいかもしれない.この美術館が Mishima を題材に選んだあたりは,さすが外国からのお客を意識している?
  • 詳しくは書かないけど,あの文字アートは映画 THE MATRIX に出て来るものに似ていた.

屋外の銅の精錬所というか工場の遺跡はかっこよかった.カラミ煉瓦造りの工場跡といい大煙突といい,異様な美しさを誇っていた.天気もよかったせいか,廃墟らしい汚さも寂しさもまったく感じられないのがかえって寂しいくらいだった.わざわざ予約して高い乗船料を払ってここまで来た甲斐があったと思った.

  • 公式サイトには「90年近くを経てかつての大規模な精錬事業を伺わせる遺構が良好な形で残されています」とあるが,「90年しか経ってないのにここまで崩れていていいのか」と思わなくもなかった.天井部分を残した建物が見当たらないのだ.まあ,それゆえ美しさが増しているという面はあるだろう.
  • 廃墟部分は決められたコースのロープの内側をツアー形式で歩くことになる.廃墟マニアにはもの足りないかも.発電所跡にも煙突の真下にもかまどのような倉庫のような小部屋の中にも入れなかった.公式サイトの「注意事項」に「敷地内は、遺構をそのまま残している部分もあり、一部倒壊危険区域があります。ご見学は個人の責任にてお願いします」とあるので,もう少し期待していたのだけど…….ツアー後に「個人の責任」で回れる部分は美術館周辺に限られていた.それでもからみレンガの壁のなかを歩き回ることはできたので,ボクは満足だ.
  • 素朴な疑問.精錬所の建物はカラミ煉瓦でできている.カラミ煉瓦は精錬所における銅の精錬過程で発生する鉱滓からできている.では,精錬所とカラミ煉瓦はどちらが先にできたのだろう?

関連サイト

【2009/11/25 05:21 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
しばらく更新しないと思う

前回の記事からもうひと月か.10月終わり頃まではたぶん更新できない.この機会に盟友 theorist2 のはてなハイクを講読することをお薦めしよう.

【2009/09/19 13:26 】
| | コメント(3) | トラックバック(0) |
NEW レオマワールドの動物園は集客なしでやっていける?

NEW レオマワールドの動物園に行ってきた.潰れてしまった旧レオマ時代もふくめて,レオマワールドに行ったのははじめてだ.

ほとんど人影がないため閉鎖中と間違えそうな意味不明の人工湖のほとりを抜け,だれも乗っていない長い長いエスカレーターで上った丘の上の,そのまた奥にその動物園はあった.「オリエンタルトリップ」と呼ばれていたエキゾチックだった区画の跡地の「廃墟」のなかに動物を集めたもので,タイの古い寺院を移した遺跡 (の遺跡?) の奥にある.

というか,この土地ぜんぶがバブルの時代の遺跡と言っていいだろう.手許の古い雑誌に「夢と冒険と感動のレオマワールド」とあるが,たしかにいまは破れてしまったあの時代の夢を感じるにはいい場所だ.経営学を学ぶ学生にはおすすめだ.まだ営業中であり「廃墟」と呼ぶには中途半端だが,廃墟マニアも喜ぶかも.土曜というのに従業員はチケット売り場をふくめて3人しか見かけなかったし,広い場内に客は15名もいなかったと思う.すべてのレストランは潰れていて,建物は荒れ放題だった.運営会社の地図では,わんわんゾーンやふれあいゾーンは入り口付近になっているが,じっさいはそれらも寺院の奥にあった.おそらく従業員を減らすために集中させたのだろう.

しかし動物園としてはかならずしも悪くないかも.客がほとんどいないだけあって,順番待ちや時間を気にせずに犬とかウサギとかと触れ合うことができるから.ただし動物と触れ合うための場所に従業員がいるとは限らないから,従業員をみつけるのがたいへんかもしれない.ボクがウサギと触れ合ったあとも,それまでそこにいた飼育係と見られるお姉さんが 100 メートルほど離れた小屋に移動して,今度は飲み物の販売員をしてくれた (ビール2種類と清涼飲料水3種類だけ売っていたと思う).より直接には,エサの準備と次の触れ合いコーナーへのボクのリクエストに備えてその場所に移ったようだが.

「あれでどうやって採算取れるんだろう? ひょっとすると入口までのエスカレーターの維持費さえ稼げないかも?」などと余計な心配をしつつ帰って来た.調べてみるとどうやら動物の輸入販売とかリースとかをやってる会社が運営しているらしい.学生がいるのかどうかはしらないが,動物飼育スクールもやってるらしい.なるほどな.集客はなくてもやっていけるのかもなあ.

追記 (7/12/2009)

客来ねえ~よ.

【2009/06/21 22:42 】
| | コメント(3) | トラックバック(0) |
セクシーな和太鼓

元旦.徹夜で読書をしていたボクは,朝6時過ぎに急に思い立って,初日の出を見に行くことにした.近所の屋島山上へ向かった.普段は寂れた屋島もこの日は人が多かった.

山上からは志度湾 (?) が奇麗に見えた.山の上にかかった雲に反射する初日の出は,幻想的でよかった.

獅子舞をちょっと見て帰りかけたとき,少し離れたところから太鼓の音.「そういえば地元の太鼓保存会が来るとか載ってたな」と思い出しつつ,近づいてみる.だんだん近づくに連れて音が強くなる.どうせ田舎の保存会と思って期待してなかったんだが,様子が少しちがう.「こりゃロックか」と思うような力強い演奏が響いて来る.伝統的な和太鼓とはちょっとちがった現代性を感じた.

近づいて見ると,黒づくめの特攻服のような衣装で演奏してるのはほとんが女性.おっさんが叩いてると思ってたボクはちょっと驚いた.みんなセクシーなノースリーブでときどき腕を大きく上げて脇の下を見せたり,いい感じに腰を動かしたりして情熱的だ.なかなか楽しめたので,けっきょく最後まで見ていた.

若くてけっこうかわいい女子中学生みたいな子もいた.「どうせなら水着で演奏したらもっと客来るんじゃないか」とか,「いや女子高生の超ミニスカート制服でどんどん叩いてくれたほうがもっといいかも」とか思った.でも,現実的な話,一部のおばさん演奏者にとってはそれは厳しそうだ.趣旨が変わってゲテものになってしまう.やっぱあの黒のノースリーブが適度にセクシーでいいのだろう.

あとで調べてみたら,演奏してたのは讃岐国分寺太鼓保存会.なかなかの実力派のようだ.やっぱり曲は現代の作曲家のものだった.

こちらのビデオは服があまりセクシーじゃないけど,演奏はこんな感じ.ボクが聴いたときは,このビデオとちがってみんな熱心に太鼓の方を向いて見物していた.

この日は屋島寺に参ったあと,庵治の皇子神社にも行った.元旦の朝の庵治の町はほとんど人影もなく,中性子爆弾でも落とされたようにひっそりと平和だった.皇子神社はお正月らしくしめ縄がきれいになっていたけど,やっぱり無人で,おみくじなどはなかった.地元の人たちがぽつぽつお参りに来てたていど.

【2009/01/02 09:21 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
一段落: 「現代社会についての一考察」とか

研究も一段落して,最近は文化的な生活も多少はできている.旅,読書,ビデオ鑑賞,食べ物,そして紀要論文鑑賞.

思えば 2008 年は「今年最悪のできごと」に書いたイヤなことがあった年だ.つまり

  • 捏造に巻き込まれそうになったこと,
  • 捏造の防止を主張したことにより (研究者であるはずのひとびとに) 厄介者扱いされたことだ.

ボク以外のレフェリーはたまたま捏造がなかったと知っていたのかもしれない.だとすると,疑われた方も迷惑だろう.しかし不正行為と疑われかねない行為を「試験場」でやるのは,それ自体不正行為とみなされても仕方ないってもんだ.そこのところを他のレフェリーは甘く見過ぎている.

その一方で,(イヤなことではないかもしれないが) 全学的問題で大変なことになっている経済学部の混乱を耳にするにつけ,自分はラッキーだったと思う.

ラッキーなことにボクは「平成香川大学の組織が再編成されるらしい」を書く以前から予想していた組織再編成にかかわるゴタゴタには (いまのところ) 巻き込まれていない.遠めから「経済学部の連中はバカだなあ」と眺めている.「ゴタゴタを回避するためにあらかじめ手を打ったわけであり,単なる運の問題ではない」といえばそうなんだが.

もちろん,そうやって眺めているボク自身がバカで,事情が分かっていないのかもしれない.しかし当の経済学部に所属する教員にも,「組織変更を決めた上のひとたちはバカだなあ.それにバカな対応をしようとしている同僚たちもバカだなあ.効率性や組織の専門家がこれでいいのか」などと思っているひとがいるみたいだ.言うまでもないが,バカとは言っても実験や調査結果のでっちあげに加担する,反省しない連中に比べればずっとマシだけどね.

予定されている組織再編の基本思想は,研究組織と教育組織を分離することである.たとえば企業経営プログラムと経済学プログラムとで科目や科目提供教員が重なってもいいはずだ.もっと言えば,異なるふたつのプログラムで卒業要件の単位数が異なっても問題ないはずだ.(特定プログラムを「メイジャー」あるいは「マイナー」として認めるための最低要件さえ定めれば,あとは提供科目を適当に組み合わせたパッケージを教員や学生個人またはグループに提案させればいい.そして全学のプログラム委員会で認められたパッケージが正式にプログラムとなるようにする.もちろんどういう科目を提供するかは存在するプログラムに依存する面もあるから調整は必要.あとは卒業申請時に学生が学位を受けたいプログラムの専攻名をいくつでも申請できるようにすればいい.)

特定教員が複数のプログラムに科目を提供しても問題ないはずだ.しかし現状では (とりあえず?) 各教員を細かく分割された教育プログラムのひとつだけに対応させようとしているようで,そのことが大いに混乱を招いている.今回の組織再デザインの基本思想を無視して,わざわざ混乱を生むようなやり方を採っているように見える.

さて,近況報告だ.先月末に論文を書き上げて以来やったことをいくつか列挙しよう:

  • 別府旅行.温泉 (ヌーディストに非ず),水族館,地獄.
  • 研究室引越の準備.図書館内の隠れた部屋に移る予定.
  • 「ねんきん特別便」を受け取った.確認するのが面倒で放置中.政府関係の書類はホントに苦手.
  • たまった雑誌に目を通している.経済セミナーや書斎の窓.
  • 読書.IT 業界もの,勉強法,企業の経済学,仲正昌樹ものなど.
    • ゲーム理論と UNIX についても読みたいな.
    • 研究再開までに,図書館情報学,グーグルを支える技術,アルゴリズムとデータ構造,データマイニング,財務三表あたりからいくつかは読みたい.
  • ひさしぶりに昔の愛読誌 Reason のサイトを眺めた.ちょうど 40周年なんだね.reason.tv から,気に入ったビデオをいくつか列挙する:
    • Don't Vote (Rational Ignorance Remix). オリジナルを見てないけど…….
    • GET SOME! 医療保険もの.電話代とか酒代とかパーティ代とか洋服代なんかが大変なんだって.
    • ORGAN TRANSPLANTS. 臓器移植もの.わりとシリアスでお薦め.Virginia Postrel が意外な登場の仕方をしている!
  • 12月になってテスト公開を始めた平成香川大学学術情報リポジトリを,楽しくかつ危機感を持ちつつ閲覧.14年前からリポジタリ登録をしてきた自分としては,「追いつかれた」ことに危機感を持った.
    • じつは他教員に先駆けて研究紹介動画のスライドでも載せようかと思ってた.でも,すでに紀要論文などが多数公開されてるから,先駆けにはならないことが判明.残念.
    • しかしこういう形で公開するつもりじゃなかった紀要論文を Web 公開されるのは---それはそれで味があるにしても---けっこう恥ずかしいかも.こんな紀要論文を世界に公開された元同僚はどういう気分だろうか? (「こんな」ってどんな?って? リマーク参照)
    • リポジトリに載った論文が Google Scholar で本格的に解析されるようになったら,他の論文の被引用回数もだいぶ影響を受けるだろう.個人的には被引用回数が相対的に低下するだろうなあ.
  • フロインドリーブほかのシトーレンを 2.5 キログラム分以上入手した.やっぱりおいしい.そのお菓子については,去年「ちょっとしたぜいたく」に書いた.
  • こがねでしし鍋.今月はボーナスが出たため貯金が底をつく心配もあまりないので,さっそく使った.四国の野生イノシシなのかな.捏造への怒りを込めつつ喰いつく.スープがえらく旨い.

リマーク

「こんな紀要論文」って言っても,いろんなタイプがある.元同僚のことだし,どんな論文かを具体的に示すのは勘弁して欲しい.でも,紀要というのを見たことがない読者はイメージを持ちにくいだろうから,ちょっと探してみた.

あった! 30ページに満たないのに

現代社会についての一考察 (序論)」というすばらしいタイトルを持つ紀要論文

が近隣大学にあった! べつにその論文が悪いと言っているわけじゃない.(言うまでもなく,悪いのは捏造を助長する犯罪者たちだ.恥を知れ!) 丸々2ページの注釈があったり,中途半端な個人的事情が出て来たり,引用文献に (紀要掲載の自著論文以外の) 学術誌掲載論文がなかったりしてけっこう痛快なので,(迷惑と言われるだろうけど) わざわざプロモートしているのだ.

書評を拡張する手法なんかは,「そういえばこういうのもアリだったな」と,なかなか参考になる.紀要論文を書くときのひとつのお手本と言ってもいいだろう.(ボク自身,タイトルと一文のみの本文以外がすべて注だけからなる論文をいつかは書きたいと密かに思って来たし.この著者のように理想的な社会をどう実現して行ったらいいのかをいずれ正面から絞殺死体,いや,考察したいと思ってきた.)

ただし老婆心ながら付け加えておけば,これから学者を目指す大学院生は,こういう書き方を目指さないようにしましょう.経済学のようなそれなりの分野でこういうことをやっていいのは,他にまともな論文をそれなりに書いている学者だけです.この論文から学ぶべきは,ボクが「Mystify するな」で書いた,ヘタな権威づけをしない姿勢です.この論文は,ある重要な部分にかんしてその姿勢を貫いているがゆえ,ボクとしては著者に敬意を払わざるをえません.

同論文は「本稿が,こうした激変過程に直面している人々に何らかの参考になれば幸いである」と結ばれている.今年激変過程に直面した自分にとっては,(間に合わなかったけど) 確かにいろんな意味で参考になった.同学術情報リポジトリで今年最高のアクセス数を記録するのは同論文かもしれない.


いやあ,(いつもながら) 盛りだくさんの記事だった.拍手! (二日続きの濃厚記事,いや投稿記事ですみません.)

追記 (12/14/2008)

副題を追加.「仲正昌樹」の表記誤りを訂正.

紀要論文をもうちょっと探求してみたい読者のために,紀要ならではの (?) 具体例を以下に追加:

  • 原田保の論文. さまざまな仮説や「モデル」を提示する原田.特筆に値するのはカバー範囲の広さで,ひとつの論文だけとりあげてその特徴をしめすのは無理がある.それでも発想の自由さ,力強い表現や接続語,図の多用などの特徴は分かるだろう.
  • 安井修二のシミュレーション. 250-251 ページの「分析の方法」にある,特定のプログラミング言語を選んだ個人的事情やその言語特有のクセにかんする個人的メモは,査読誌掲載論文ではなかなか見れないものだろう.しかしそういう記録を残しておくことは著者本人にとって大切なことだ.また,安井はプログラムも公開している.査読誌では省かれることが多いが,捏造を防ぐためにも,プログラムを公開することは大切なことだろう.近年,査読論文でも電子版 Supplemental Material をふくめることができるようになっているので,プログラムを (個人的メモも?) 査読ジャーナルのサイト上に公開することも可能になっている.紀要の優位性の一部が崩れて来ている.
【2008/12/13 18:34 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
応援だったりして

この夏の決意も込めて,あの yyasuda ブログのコメント欄にちょっとばかり偉そうなこと (リマーク参照) を書き込んでみた.そしたら (冗談なんだろうけど)

11. 匿名希望 August 01, 2008 13:47
平凡助教授氏は、匿名投稿ではなく実名投稿すべきだ!

と返した匿名希望者がいて,yyasuda さんに怒られてた (笑).そういうわけで,匿名希望さんはあちらには書き込みにくいだろうから,こちらのブログに関連エントリーを作ることにした.どういう意図で書いたのか,ちょっとばかり興味あるからだ.とりあえずボクの予想 (→の先はボクの反応):

  1. 「〈平凡助教授〉を名乗る人物はじつはすばらしい研究者.せっかくいいアドバイスをしているのだから,そのアドバイスに重みを持たせるために実名でコメントせよ.」→ yyasuda ブログにコメントする人物のなかではボクは凡庸な方なので前提がちがってる.ボクに求めるなら他の人にも求める必要がありそうだ.
  2. 「平凡な助教授 (准教授?) が偉そうなこと言うな.」→まあ,いいじゃん.非凡教授が公然と指摘するのとちがって,圧迫感もないし.ボクとしても,yyasuda さんが雲の上のひとにならないうちに書いておきたいわけだ.
  3. (3つくらいはあると思ったんだけど,出て来ない……)

なお,匿名の是非についてはこちらの考察でも参考に.「同一のウェブサイトなりblogで自分の見解や嗜好を継続して発信していれば、少なくとも著者の人格についての情報は明かすことができます」とあるように,〈平凡助教授〉ってどういうひとかは,このブログ見りゃ分かるから十分じゃないかな.

なに,「ある平凡助教授の,なんということもない日々」の存在を知らなかったとか?

リマーク: 平凡助教授の投稿したコメント

9. 平凡助教授 July 31, 2008 18:55
>なかなか研究業績が上がらない不甲斐ない現状が大目に見てもらえたり

しないしない (笑).だれも大目には見てくれませんよ! 新聞や雑誌で業績になるなら,それらのアウトレットよりも質の良い読者に届くブログが業績になってもいいじゃないかとは思わなくもないけど,そうはなっていません.学長や同僚がブログをやっているようなところなら,ブログを業績としてカウントすることに理解もあるかもしれませんが.いや,ヘンな方向に拡張し過ぎてすみません.yyasuda さん自身はぜんぜんそんなこと言ってませんね.学内的な評価を目指してもしょうがないですからね.

それより気になったのは
>待ってましたとばかりにその他の仕事が重なってきて
という冒頭の部分.大学の仕事だとすると,少し問題.ウチも法人化前後は妙な雑用が夏休みに入ることが多かったけど,最近は落ち着いてきています.

とりえあず夏休みは禁ブログ宣言でもして,読書も断って,研究して,北海道遊びに行って,ひたすら研究して,海水浴行って,だらだら研究して,投稿して,寝んねして……とやれば,クリスマス明けには素敵なジャーナルから「載せるよ」レターが届くかも.ボク自身守れないプランですが.

【2008/08/02 14:03 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
庵治の船祭のゆる~い獅子舞

夏休みだ.激しく研究をしなければならない.「激しい」といえば祭りだ! だんじりだ!

ということで,家からクルマで10分ちょっとのところにある皇子神社に向けてクルマを飛ばした.そう,2008年7月19日のこの日は,江戸時代から「庵治の船祭」として知られた海の祭り「庵治皇子神社夏祭」の日だ.映画『世界の中心で,愛をさけぶ』に出て来たブランコのある神社の祭りだ.

この日はクルマが混雑していたので10分くらいじゃ着かなかったけど,とりあえず港の南側にクルマを停めた.港で花火大会があるというのに,港の南側には出店も見当たらず,ひともたいしていなかった.目標は皇子神社.小さな造船所や廃墟になった黒乃屋旅館などを横目にしつつ町を通り抜けて,港の北の神社付近までたどり着いた.さすがに神社付近はにぎわっていた.神社の階段から段尻が降りてくるのを眺めながら,ボクは焼き鳥や焼きそばをテキ屋で買って食べた.価格交渉も試みたが,ダメだった.

21時ごろ花火が始まったので,段尻にぶつかられないところに避難して花火を見た.避難するというのは来た目的とずれるが.花火と並行して船の上で舞われていた獅子舞いも見た.詳しくは四国新聞のサイトの「皇子神社の船渡御」を見てくれ.

獅子舞は船の上で行われていて,才田岩陰獅子舞 (さいたいわかげししまい) とかいう由緒あるものらしい.その音楽は,どうにもゆるいというか,古風というか,勇壮な海の男の祭りにしては上品すぎる,独特なタイミングを持つものだった.YouTube 動画を載せておくので,ぜひ聞いてみて欲しい.

こういう微妙な間の取り方で太鼓叩くのはけっこう疲れるんじゃないか.勢い良く叩けばいいってもんじゃないから.花火が終わってほとんどの見物人が帰ってしまったあとも,獅子舞は続いた.展開は早いとはいえないので,見る方も辛抱が要った.

22時半ころやっと船は港を出て行った.ボクも歩いてクルマに戻った.だれもいない岸壁から沖を見ると,さっき出て行った船団がまだ演奏を続けていた.あの神事は午前2時頃まで続いたんだろうな.

【2008/07/21 10:48 】
| | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。