スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
本気では読めない公共哲学
「公共哲学」といえば,社会選択をやる自分にとって無縁とは言えない.『福祉の公共哲学』といった本を編集した社会選択理論家もいれば,社会選択の主用定理に言及した公共哲学の本もある.たとえば放送大学大学院教材の『公共哲学』では一章分が経済学アプローチに当てられ,アローの定理やギバード・サータスウェイトの定理が言及されている.(社会選択理論が出て来るのは当然といえば当然だが,経済学者が書いただけあって,その章では最後に坂井豊貴・藤中裕二・若山琢磨『メカニズムデザイン』も出現する.)

ということで山脇直司の『公共哲学とは何か』という易しそうな新書をヒマつぶしに読んでみた.結論を言えば,この本でいうところの「公共哲学」は,リバタリアンである自分には感性的に向いてない感じがした.書いてあることのほとんどが冗談か左翼の生き残り戦略に見えてしまう.

「社会など存在しない.存在するのは個人だけ」と考える者にいくら「公共」と繰り返しても理解させることはできないだろう.この本では「公共」という言葉が何度も繰り返し現れるが,自分にはそれが何なのか最後まではっきりしなかった.特に公私二元論に替わる「政府の公/民の公共/私的領域」という根本理念 (詳しい説明は35頁あたり) が分からない.プレーヤーの分類ではなくて活動領域の分類だろうけど.だとしたら現代経済学もべつに公私二元論ではない.「民の公共」の代表的プレーヤーとして挙っている例が NPO とか NGO ってのも奇妙だ.根本理念が分からないからボクにはほとんどなにも分からない本になっている.

経済学やゲーム理論への批判も何箇所かに現れる.ここではふたつだけ取り上げたい.

ひとつめは「パワー・ポリティックスのソフトバージョンともいえるゲーム理論」にかんする次の記述だ (170-171頁): 「このような理論のなかでは,利害レベルでしか『自己-他者-世界』関係が成り立たなくなり,利害を超えたコミュニケーションや価値理念によって構成される公共世界が論じられる余地がなくなってしまいます.」

著者自身はそのような「利害を超えたコミュニケーションや価値理念によって構成される公共世界」というのを分かっているのかもしれないが,ボクという一読者に分からせるように論じてはいない.そこに問題がある.つまり多くの経済理論家にとって,そのような「公共世界」は分からない謎であるはずだ.しかし「利害を超えたコミュニケーションや価値理念によって構成される」ようにも見える「公共世界」をゲーム理論で論じることはできる.その際「利害を超えたコミュニケーションや価値理念」という分からないものを基礎にしてしまっては説明にならない.相手の理解できる概念にもとづいて説明できなければ「説明」の名に値しないわけであり,この場合そういう概念として相手の理解できるような「利得」(「利害」に限定しない) を用いることになる.「利得」を用いなくても分かったつもりになっている著者自身にとっては面倒な手続きかもしれないが,それを他人に分からせるためには,その相手が分かる言葉で説明しなければならないことを見落としてはならない.

ふたつめは「公共的ルール」にかんするつぎの記述だ (180-181頁): 「このような『公共的ルールにはめ込まれた市場経済』というリアリティを,主流派経済学の教科書が無視ないし軽視しているのは,実に奇妙なことです.いや,そうした市場経済のルールを無視した経済学教育は,社会の現実ではなく空想を教授している点で,有害だといわざるをえません.」

ボクは空想自体は有害だとは思わないし,その点には「理想主義的現実主義」を説く著者自身も賛成するはずだ.かりに経済学教育が空想で終わっているならば他の学問を組み合わせればよいからだ.

著者が問題としているのは,彼自身が教科書を読んでも市場の背後にある「公共的ルール」を読み取れなかったという事実だろう.ここで著者は (「民の公共」を唱える者らしくなく)「公共的ルール」の例として (繰り返しゲームで見られるようなプレーヤー間の懲罰などではなくて)「経済刑法」のような政府による制度や法律ばかりを挙げている.だが「厚生経済学の第一定理」など市場にかんする経済学の主要結果にとって大切なのは,とりあえずモノの所有権がはっきりしていることである.所有権については,だれでも「きみのものはぼくのものではない」とか「きみのものとぼくのものを自発的に交換することはできる」という理解くらいは持っているはずで,(所有権にかんするかぎり) それだけで主要結果の理解には十分だろう.

経済学教育で「公共的ルール」の存在が軽視されているのは,経済学の教育では通常,経済学の主要結果を伝えることを重視するためだ.このことは特に奇妙なことではない.学問的成果として得られていない事柄についてあれこれ議論することが有用だと考えるヒマな人は必ずしも多くないからだ.「公共的ルール」の存在以外にも,個人の効用が自分の消費だけで決まること,外部性が存在しないことなど,主要結果の数学的仮定の背後にある前提でありながら,明示的には記述されないことは少なくない.伝えるだけの内容が学問的に蓄積されれば経済学教育でも多くの時間をその内容に割くようになるだろう.「制度の経済学」が発展していることを考えれば,「公共的ルール」について多く語られるようになるのもそれほど先のことではないかもしれない.

以上,経済学やゲーム理論にたいする批判二点に応えてみた.

公共哲学は「学問の構造改革」を目指すというが,どういう具体的成果があるのかよく分からなかった.この本にかぎっていえば著者の意見表明だらけに見える.こういうやり方では学問の専門化以前への復古主義に陥る危険性が高いかもしれない.

最後に本書で得られた豆知識についてふたつ呟こう.

「過渡的正義」という概念 (162頁) は知らなかった.世代間衡平の研究者はあつかっているんだろうか.

石田梅岩の商人道は知らなかった (83頁).市場原理について述べたもので,商人を公的存在者としてあつかっているが (市場で決まる相場を「公」と呼んでる),こちらの方が「民の公共」のいい例じゃないか.

(社会選択などを専門とする HRM からの寄稿)

追記 (9/7/2010; by HRM)

経済理論家とリバタリアンの立場からの補足を「〈本気では読めない公共哲学〉への追記」に寄稿した.
【2010/09/05 09:08 】
| 社会科学 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<「本気では読めない公共哲学」への追記 | ホーム | 教養学部新設にかんする一考>>
コメント
率直なコメント有難う。貴方の批判にはすべて応える義務と自信がありますので、上記のメルアドまで貴方のメルアドを教えてください。ただし当方、明日から国連大学セミナー指導のため、お応えは11日以降になります。
【2010/09/05 10:59】
| URL | 山脇直司 #-[ 編集] |
山脇直司さん,

著者本人によるコメントという前提でお返事します.私のお返事は「すみませんが,逃げます」というものです.反論があればここに書き込むのは自由ですし,リンク先には私のアドレスも載っています.しかしリンク先を見れば分かるように私に公共哲学はもとより倫理学や哲学の著作はありません.反論に値するほどの人間じゃないと思います.アマゾンにあるコメントたいしていちいち反論する義務がないように,山脇さんが私に反論する義務はありません.

では,なぜ私が逃げるのかということですが,本文に「[私にとって] ほとんどなにも分からない本」と書いたように,私の理解力では山脇さんの反論を理解する自信がないためです.批判に応える自信があると認識されていることは分かりますが,私の方にそれをフォローできる自信がないのです.私も学者なので自分のディシプリンに近い論理ならフォローできますが,異なるディシプリンの,自分が普段使うものとはかけ離れた論理はフォローできないのです.ディシプリン間のコミュニケーション失敗という現実があるのは,科学哲学の成果を持ち出すまでもなくお分かりだと思います.今回はそれに加えて私個人の能力不足の問題もあります.

「本気では読めない」といった (山脇さんの嫌う) シニシズムに陥ったような感想となってしまったのは自分でも残念ですが,「自分の研究のヒントにできるかもしれない」と思ったうえで理解しようとあるていど努めた結果がそうだったので仕方ありません.(ということで「本気では読めない」はレトリックです.) 学問間のコミュニケーションの失敗が克服されて,いつの日か私のような経済学者にも公共哲学とは何か分かる日が来ることを望んでいます.私の専門とする規範経済学分野には,すでにその失敗を克服できるかもしれない研究者もいなくはないと思いますので,いずれはそういう日も来るかもしれません.それ以前に「公共哲学」なる試みが忘れられてしまう可能性もないとはいいませんが,その根本にある思いはいずれかの学問に受け継がれることを願っています.
【2010/09/06 08:16】
| URL | HRM #-[ 編集] |
山脇直司をかたる最初の投稿は本人によるものと思われる.本人らしき人物が twitter で
「どうも経済学者には頭が単純な方々が多いようだ」
http://twitter.com/naoshiy/status/23022855368
とか,
「[経済学者は] 『新しい公共』を最も理解できない人々かもしれない」
http://twitter.com/naoshiy/status/23023568206
と呟いている.ボクのばあい,経済学者や数理科学者の単純さに留まらずリバタリアンの単純さまで備えているので,個人レベルに還元できない「公共性」というのがホントに分からないのだ.泣

ボク自身は見てないけど,山脇のこういった発言がその後 twitter の一部で物議をかもしたらしく,山脇氏のフォロアーを増やすことに貢献できたようだ.笑 でも,ボクの投稿したような無責任な?記事にたいする対応としては山脇のいう「マナー」
http://twitter.com/naoshiy/status/23057099573
ということでいいんじゃないか.そのくらいで十分だろうし,文句はない.ただ,著者は (ボクのような単純な頭にも分かるように?) 応える自信があるみたいなので,ここにもなにか書いてくれるかもしれない.そうすることにたいして意味はないとは思うが,歓迎はするので,おヒマなときにどうぞ.
【2010/09/06 10:24】
| URL | HRM #ySGTZzaA[ 編集] |
twitter で経済学徒の反応もいくつか探してみたけど,経済学批判にたいする紋切り型の回答がほとんどで,あんまりおもしろくなかった.

本文では経済学への著者山脇直司の批判を取り上げてはいるけど,あくまでも著者の主張上重要である「利害を超えたコミュニケーションや価値理念によって構成される公共世界」とか「公共的ルール」というのを論じるために取り上げたことに注意.特に経済学では前者をそのままでは理解できない事情とか,経済学教育が後者をじゅうぶん論じていない理由とか,かなり著者の立場に近づこうとしつつ述べたつもりだ.紋切り型の反論とはちょっとちがったものを目指した.

著者は公共哲学の存在意義を高めるため,(紙数の制限もあるだろうけど) 過去の思想家や他学問の貢献を大胆に切り捨てる戦略を取っているように見える.じっさいには簡単には切り捨てられない貢献があることはわかっているくせに意図的に否定しているようにボクには思えるのだ.もし経済学にたいしてそうであるならば,けっして経済学徒が彼を説得することはできないことは目に見えている.議論を開始するよりは,せいぜい議論が成立しない事情について語った方がマシだとボクは判断した.まあ,それ以前に著者の言葉が理解できないわけだが.

コミュニケーションの失敗については,リバタリアンである蔵研也も同意見のようだ.個人主義者には乗り越えられない壁のようなものか.
http://d.hatena.ne.jp/kurakenya/20100907
【2010/09/08 18:37】
| URL | HRM #4TQqPKZU[ 編集] |
おっと,山脇直司がかなり決定的な発言!!)
「効用極大化をめざす個人がすんなりと連帯できるでしょうか」
http://twitter.com/naoshiy/status/23894407417

どうしてこのコンテクストで出て来るのか意味不明の他の発言はとりあえず無視する.このあとに続く論理展開はこういう感じだろうか?

効用極大化をめざす個人はすんなりと連帯できない.
 ↓
個人効用極大化の仮定が悪いのだ.
 ↓
民は公共性を追求すると仮定しよう.効用関数で表せるような代物ではない.
 ↓
民は公共性を追求するがゆえすんなりと連帯できる.

もともとすんなりと連帯できないのが本当なのに,逆の結論を導くために人間観を変えている.でもじっさいの人間の方は変わらないはずなんだが.笑

人間自体を好きに変えられるなら,規範経済学なんか要らないだろうなあ..

おそらく「公共哲学」とは,人間改造をとおしてよりよい公共社会 (?) を実現して行こうとする運動ないしは「社会変革の学問」(?) なのであろう.キミも改造,ボクも改造,みんな改造で,みなハッピー!
【2010/09/08 19:06】
| URL | HRM #ySGTZzaA[ 編集] |
経済学者でなくてもやっぱり「公共性」は分からないらしい:
http://twitter.com/mitsunori_ohta/status/25466370428
それにたいする山脇直司の応答:
「公共性は「公開性」「公益性」「公正性」「共有性」などの意味を重ね持つ複合概念だと思いますが、それを支えたり創出するのは、人々(民)の活動やコミュニケーションです。初めにあるのは、公共性という名詞ではなく、「公共活動する」という動詞だと私は思います。」
http://twitter.com/naoshiy/status/25466966486

やっぱり分からん.公共性であれなんであれ,個人間の現象が個人の活動やコミュニケーションによって起こるのはあたりまえ.それじゃあんまりだから (公共性を規定できないから),最後の文では「活動」が「公共活動」に入れ替わっている .ほとんど振り出しに戻っているわけだが,好意的に解釈すればプレーヤーの意識が重要ということかもしれない.自分以外のプレーヤーの利得を考慮するとか.自分自身の選好とは異なる(超越的な)社会的選好を持つとか.
【2010/09/26 00:40】
| URL | 平凡助教授 #-[ 編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://theorist.blog6.fc2.com/tb.php/199-7988433a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。